バイナンス評判

Binance(バイナンス) 不正取引事件

投稿日:

当研究所の所長の小手川征也です。

日本国内で営業許可を取っていない、海外業者(中国に本拠地)の「Binance(バイナンス)」。

その「Binance(バイナンス)」で一昨日、不正取引事件が発生していたようです。

Binance(バイナンス)不正取引事件のソース

 

今回の投稿のソースはブルームバーグのこちらの記事です。

仮想通貨取引所バイナンスでパニック騒動-「資金は安全」とCEO
ブルームバーグへの外部リンク

自動警報が作動したため、気づいたようです。

同様の警報機能があり、それが起動していたのに約半日も気づかなかったコインチェックのような会社もありますが・・・。

コインチェック ショック 不正引き出し?全通貨売買&出金を一時停止 まとめ

当研究所の所長の小手川征也です。 私もメインとして利用しているcoincheck(コインチェック)で深刻なトラブルが発生しているようです。 私自身もコインチェックでネムを保有しているホルダーです。 * ...

続きを見る

スポンサーリンク

Binance(バイナンス)の対応は?

 

Binance(バイナンス)」のCEOは「不正取引は特定しており、元の状態に戻す」とロールバックを示唆する発言をしているようです。

仮想通貨 サーバーダウン 補償 ロールバック

当研究所の所長の小手川征也です。 コインチェック事件以降、2018年2月時点で仮想通貨取引における最大のリスクは取引所リスクだと思います。 取引所リスクの意味には、会社の信頼性(セキュリティ)はもちろ ...

続きを見る

Binance(バイナンス)」の対応はなかなか誠実ですね。

一部では世界最大級とも言われている大手の仮想通貨取引所なので、信頼度を強調する意味合いもあるのでしょうか。

ただ、こういった事件が起きた時に、海外業者を利用していると情報収集が難しいというのは大きなデメリットですね。

日本国内の認可を受けている仮想通貨交換業者は、草コインと呼ばれるアルトコインの取引はほとんどできないので、一獲千金を夢見る方にとっては「Binance(バイナンス)」は選択肢の一つとして外せないんでしょうが・・・。

個人的には、やっぱりリスクが高いと思うので利用する気は起きませんね。

現時点でわかっている情報は以上です。

また続報を見つけましたら、追記・もしくは別の投稿で書きたいと思います。

金融庁の認可取得の国内大手仮想通貨取引所

初心者も安心の国内大手の仮想通貨取引所

Zaif(ザイフ)

◆金融庁の認可取得済み
◆剛力彩芽さんのTVCMでおなじみ
◆信用取引で追証が発生しない仕組み
◆取引手数料が「0」もしくは「マイナス」
◆トークンを含む、取り扱い通貨が豊富
◆運営会社は資本金8億を超える国内大手
◆モナコインの信用取引が可能
◆「Zaifコイン積立」がある
◆お笑い芸人の「かまいたち」のWebCM放送中

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

◆金融庁の認可取得済み
◆成海璃子さんのCMでおなじみ
◆資本金が41億238万円と国内最大規模
◆株主が3大メガバンクを含む大企業系VC
◆不正な出金発生時の損失を補償(上限500万円)
◆最大レバレッジ15倍で取引可
◆手数料無料キャンペーン継続中
◆7種の仮想通貨を取り扱い
(ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、モナコイン、リスク)

-バイナンス評判
-, ,

Copyright© スノーキーの仮想通貨・外国為替FX比較研究所 , 2018 All Rights Reserved.