バイナンス評判

Binance(バイナンス) 金融庁の警告 その後 マルタに本社移転か

投稿日:2018年3月26日 更新日:

当研究所の所長の小手川征也です。

複数の仮想通貨サイトなどが伝えるところによりますと、海外業者の「Binance(バイナンス)」がマルタ島に拠点を開設し、本社移転をするようです。

本社移転の理由は日本の金融庁の警告?

 

マルタ島に拠点の開設・本拠地移転の話が出たのは、タイミング的には、日本の金融庁が「Binance(バイナンス)」へ警告を出した後です。

金融庁ホームページに掲載 Binance(バイナンス)に警告

当研究所の所長の小手川征也です。 昨日の投稿から一夜明けて、結局金融庁は「Binance(バイナンス)」に警告を出したようです。 このページの目次1 昨日の投稿2 本日の金融庁のホームページ3 仮想通 ...

続きを見る

が・・・恐らく以前から検討していたのではないでしょうか。

会社の本社移転など、1日や2日で決められるものではないでしょうし・・・。

スポンサーリンク

規制の厳しい中国当局の姿勢に嫌気か

 

Binance(バイナンス)」の本拠地は、中国・香港と見られています。

金融庁が出した警告でも「所在地・香港」となっていますしね。

規制の厳しい中国・当局の姿勢も、バイナンスCEOは嫌ったのではないでしょうか

*追記 どうやら香港の当局よりも警告を受けていたようです

Binance(バイナンス) 香港証券先物委員会からも警告を受けていた?

当研究所の所長の小手川征也です。 2018年3月に日本の金融庁より警告を受けました、海外の仮想通貨取引所の「Binance(バイナンス)」。 香港の証券先物委員会からも警告を受けていたようです。 この ...

続きを見る

スポンサーリンク

マルタ島・マルタ共和国とは?反応は?

 

マルタ共和国に関する情報をWikipediaで調べて、改変しましたのが以下です。

マルタ共和国とは?
マルタ共和国、通称マルタは南ヨーロッパの共和制国家。
イギリス連邦および欧州連合(EU)の加盟国でもあり、通貨はユーロ
地中海に位置する島国で面積は316km2で、
東京23区の面積622.99km2の半分の大きさである。人口は43万人ほど。

欧州の小国ですね。

マルタ共和国の首相は歓迎するツイートをTwitterで発信しています。

資源の少なそうな小国なので、喜ぶのは当然かもしれませんね。

スポンサーリンク

金融庁の警告からその後

 

金融庁から警告を出された後の「Binance(バイナンス)」ですが、特に何も変わっていないように感じます。

Binance(バイナンス)」でGoogle検索をしたら、ログイン画面が表示されました。*管理人は口座を持っていません

登録したメールアドレスとパスワードを入力すれば、普通にログインできそうです。

Twitterなどで情報収集をしていますが、特に日本人の新規顧客の受付停止や、売買制限・入出金制限などの情報も入ってきていません

一つ気になったのは、「Binance(バイナンス)」がマルタ島に拠点を移したら、金融庁は警告を出し直しするのでしょうか。

また何か新しい情報が入ってきましたら、当研究所でもお伝えしたいと思います。

金融庁の認可取得の国内大手仮想通貨取引所

初心者も安心の国内大手の仮想通貨取引所

Zaif(ザイフ)

◆金融庁の認可取得済み
◆剛力彩芽さんのTVCMでおなじみ
◆信用取引で追証が発生しない仕組み
◆取引手数料が「0」もしくは「マイナス」
◆トークンを含む、取り扱い通貨が豊富
◆運営会社は資本金8億を超える国内大手
◆モナコインの信用取引が可能
◆「Zaifコイン積立」がある
◆お笑い芸人の「かまいたち」のWebCM放送中

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

◆金融庁の認可取得済み
◆成海璃子さんのCMでおなじみ
◆資本金が41億238万円と国内最大規模
◆株主が3大メガバンクを含む大企業系VC
◆不正な出金発生時の損失を補償(上限500万円)
◆最大レバレッジ15倍で取引可
◆手数料無料キャンペーン継続中
◆7種の仮想通貨を取り扱い
(ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、モナコイン、リスク)

-バイナンス評判
-

Copyright© スノーキーの仮想通貨・FX比較研究所と海外旅行 , 2018 All Rights Reserved.