ビットコインアフィリエイト

2018年1月17日は最も仮想通貨取引所の口座が開いた日?

投稿日:

当研究所の所長の小手川征也です。

2018年1月16日(火)、2018年1月17日(水)とビットコイン・アルトコインは全面安・大暴落しました。

ビットコイン アルトコイン 暴落 バブル崩壊かセリングクライマックスか

当研究所の所長の小手川征也です。 2018年1月16日(火)のビットコイン暴落、そしてそれにつられる形となりましたアルトコイン全面安。 2018年1月17日(水)も全面安の状態が続いています。 「ビッ ...

続きを見る

ですが、昨日の夜から今日にかけて相場は落ち着きを取り戻し、全面高の展開になっています。

チャート画像はcoincheck(コインチェック)のものです。

まだ、自律反発の可能性もありますが、絶好の買い場だった可能性もあります。
現物ガチホ組はこういう時に静観できますよね。

下落時に多くの投資家が思ったこと

 

はなからビットコイン・アルトコインを怪しいものと決めつけて「絶対にやらない」と決めていた方以外にとっては「買いたい」「チャンスかも」という場面でした。

実際に私も買おうかどうか悩みました。が・・・開設している口座を全て法人名義にしており、すぐに資金を動かせない状態にしていることもあり、今回は様子見をすることにしました。

友人は「朝から銀行に行って400万円分買う」と言っていました。が、朝にはすでに反発していたので、間に合わなかったので断念したようです。

スポンサーリンク

反転上昇時に多くの投資家が思ったこと

 

仮想通貨取引をしている方はもちろん、外国為替FXや株の投資経験のある方なら、あの場面は「つっこみ買い」のチャンスだと思われたでしょう。

ネム(XEM/JPY)」の50円台、「リップル(XRP/JPY)」の100円割れはバーゲン特価のような状況でしたからね。

様子見をしていた投資家も「口座を作っておけばよかった」と多くの方が悔やんだでしょう。

中長期で見るとどうなるか?はまだまだ油断はできませんが、短期で見るとネムは先ほど128円ぐらいまで戻していました。あっという間に2倍以上になっていますからね。まあ・・・底値で買えていたかどうかはともかくとして。

多分、口座開設の申し込みが殺到したのは「ネム(XEM/JPY)」「リップル(XRP/JPY)」が取り扱い通貨にあるcoincheck(コインチェック)でしょうね。

Coincheck(コインチェック) 評判

当研究所の所長の小手川征也です。 この投稿では、私が愛用していますcoincheck(コインチェック)の特徴をまとめていきたいと思います。 *追記 2018年1月26日に大変な事件が起きました。 この ...

続きを見る

bitFlyer(ビットフライヤー)は口座開設完了が速いですが、取り扱い通貨が少ないのが難点です。「ビットコイン(BTC/JPY)」を取引されるなら、ビットフライヤーでもいいと思いますが。

bitFlyer(ビットフライヤー) 評判

当研究所の所長の小手川征也です。 この投稿では、金融庁の認可取得済み・国内最大級の仮想通貨取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)の特徴をまとめていきたいと思います。 このページの目次1 取引でき ...

続きを見る

ということで、2017年以降の仮想通貨バブルで多くの方がビットコイン・アルトコインの存在を知って初の大暴落は多くの口座開設申込に繋がったと思います。

外国為替FXでも、円高に振れた時の方が口座開設申込が増えると言われていますからね。

仮想通貨業界のインフルエンサーや、仮想通貨関連のサイト運営者(SEO対策済み)は特需があったでしょう。

後日に別記事で書きますが仮想通貨取引所のアフィリエイトは、bitFlyer(ビットフライヤー)coincheck(コインチェック)の口座があれば、すぐにスタートできます。

そういった面(アフィリエイト収入)に興味のある方は、とりあえずこの2社に口座を作っておくと良いかも知れませんね。

-ビットコインアフィリエイト
-

Copyright© スノーキーの暗号資産・FX比較研究所と海外旅行 , 2019 All Rights Reserved.