ビットフライヤー評判

ビットフライヤー 業務改善命令を受け新規口座開設停止へ

投稿日:

当研究所の所長の小手川征也です。

先日のこちらの投稿でbitFlyer(ビットフライヤー)に対して金融庁が行政処分を出す方向であることをお伝えしました。

【*追記あり】ビットフライヤーに初の行政処分・業務改善命令か

当研究所の所長の小手川征也です。 昨日のニュースですが、今週内にもbitFlyer(ビットフライヤー)を含む5社に金融庁が行政処分を出すことが複数メディアから伝えられています。 このページの目次1 ビ ...

続きを見る

本日、金融庁からビットフライヤーに対して業務改善命令が出されました。

今回の投稿のソース

 

複数メディアが今回のニュースを伝えています。NHKのTwitterの速報が速かったようです。

日経新聞の記事はこちら。

ビットフライヤー、新規顧客の口座開設停止へ
日経電子版への外部リンク

 

スポンサーリンク

新規顧客の受付停止へ

 

ビットフライヤー側の自主的な判断なのか?はわかりませんが、新規顧客の受付を停止(新規口座開設の停止)するということです。

ビットフライヤーの顧客の数は200万人を超えると言われていますが、既存の顧客の取引の停止・制限などはないようです。

利用者さんは一安心ですね。

ちなみに、ビットフライヤーは公式なコメントはまだ出していません

今日中にでも、何かしらのアナウンスはありそうですが。

 

市場の反応は限定的

 

ビットコイン円日足チャートを見てみましょう。

事前に一部メディアで伝えられていたこともあり影響は限定的のようです。

チャート画像はZaif(ザイフ)のものです。

スポンサーリンク

他の仮想通貨交換業者への移行バブルは起きない?

 

ビットフライヤーはすでに200万人の顧客(口座数)を獲得していることもあり、新規顧客の受付を停止しても、影響は限定的でしょう。

今回、既存の顧客は取引の制限などもないようなので、他の仮想通貨交換業者への移行もあまり出ないと思われます。

移行先の候補としてはZaif(ザイフ)が一番人気となっていたかもしれません。

Zaif(ザイフ) 評判

当研究所の所長の小手川征也です。 この投稿では、金融庁の認可取得済み・国内大手の仮想通貨取引所のZaif(ザイフ)の特徴・評判をまとめていきたいと思います。剛力彩芽さんのTVCMもスタートしました。私 ...

続きを見る

業務停止命令などではなくて良かったですね。

今回の新規顧客の停止がビットフライヤーの自主的なものであれば、金融庁や世間へのイメージを優先したものなのでしょうか。

金融庁の認可取得の国内大手仮想通貨取引所

初心者も安心の国内大手の仮想通貨取引所

Zaif(ザイフ)

◆金融庁の認可取得済み
◆剛力彩芽さんのTVCMでおなじみ
◆信用取引で追証が発生しない仕組み
◆取引手数料が「0」もしくは「マイナス」
◆トークンを含む、取り扱い通貨が豊富
◆運営会社は資本金8億を超える国内大手
◆モナコインの信用取引が可能
◆「Zaifコイン積立」がある
◆お笑い芸人の「かまいたち」のWebCM放送中

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

◆金融庁の認可取得済み
◆成海璃子さんのCMでおなじみ
◆資本金が41億238万円と国内最大規模
◆株主が3大メガバンクを含む大企業系VC
◆不正な出金発生時の損失を補償(上限500万円)
◆最大レバレッジ15倍で取引可
◆手数料無料キャンペーン継続中
◆7種の仮想通貨を取り扱い
(ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、モナコイン、リスク)

-ビットフライヤー評判
-,

Copyright© スノーキーの仮想通貨・外国為替FX比較研究所 , 2018 All Rights Reserved.