コインチェック評判

コインチェック NEM保有者に対する補償を発表 ホルダーとしての感想

投稿日:2018年1月28日 更新日:

当研究所の所長の小手川征也です。

コインチェックの「NEM(ネム)」流出事件についてはこちらの記事に追記をしていっています。

コインチェック ショック 不正引き出し?全通貨売買&出金を一時停止 まとめ

当研究所の所長の小手川征也です。 私もメインとして利用しているcoincheck(コインチェック)で深刻なトラブルが発生しているようです。 私自身もコインチェックでネムを保有しているホルダーです。 * ...

続きを見る

最後に追記をしましたが、コインチェックが補償を決定・発表しました。

補償内容は?

 

補償方法はNEMの保有者全員に、日本円でコインチェックウォレットに返金いたします。とのことです。

コインチェックからは以下のメールが届きました。

総額 : 5億2300万XEM
保有者数 : 約26万人
補償方法 : NEMの保有者全員に、日本円でコインチェックウォレットに返金いたします。
算出方法 : NEMの取扱高が国内外含め最も多いテックビューロ株式会社の運営する仮想通貨取引所ZaifのXEM/JPY (NEM/JPY)を参考にし、出来高の加重平均を使って価格を算出いたします。算出期間は、CoincheckにおけるNEMの売買停止時から本リリース時までの加重平均の価格で、JPYにて返金いたします。
算出期間  : 売買停止時(2018/01/26 12:09 日本時間)〜本リリース配信時(2018/01/27 23:00 日本時間)
補償金額  : 88.549円×保有数
補償時期等 : 補償時期や手続きの方法に関しましては、現在検討中です。なお、返金原資については自己資金より実施させていただきます。

88.549円換算だったら、私の買値よりもかなり安いので損をしてしまうことになりますが、コインチェックが倒産・破たんして1円も戻ってこないことを考えたらラッキーだと思った方がいいんでしょうね。

また、コインチェックの対応も誠実だと思った方がいいんでしょうね。

日経電子版によると、かかる費用は460億円とのことです。

コインチェックがそれだけのキャッシュ・日本円を持っていたということですよね。

仮想通貨事業って儲かるんですね。

流出時の総額は約580億円でしたが、その後のネムの値下がりで返済額は少なくなったとのことです。

スポンサーリンク

事業の継続は?

 

セキュリティ体制を強化してサービスの再開、そして金融庁への仮想通貨交換業者の登録申請の継続的な取り組みも併せて、今後も事業を継続していくとのことです。

今日中にも金融庁の対応が発表されるということなので、その前に今回の発表をしたんでしょうね。

金融庁が決定することなので、どういった対応・処分があるかはわかりませんが、甘めの処分になりそうな気はします。

お上は外国為替FX業者には厳しいですが、仮想通貨事業をしている会社には甘いですからね。

 

コインチェックのネムホルダーとしての感想は?

 

コインチェックのネムホルダーという、ど真ん中の立場にいましたが、複雑な気持ちです。

全額戻ってこないことを覚悟していましたから、それを考えたら、素直に喜んだ方がいいんでしょうね。

最悪のケースは回避されたわけですから。

ただ、今回コインチェックがこのような事件を起こしていなければ、日本円ではなく「ネム(XEM)」で含み損状態で塩漬けすることも出来たので。

要は、ネムが上昇すると思ったからネムホルダーになったのに強制的に日本円にかえられてしまったので、この後ネムが上昇していけば複雑な気持ちになるということです。

例えるなら、新品で購入した限定品のCDが、盗難されて中古品になって返ってきたような気分です。

ネムホルダー以外のコインチェックユーザー(特に日本円を預けていた方)にとっては朗報かも知れませんが、コインチェックのネムホルダーは嬉しいような複雑な気持ちなのではないでしょうか。

なんにせよ「仮想通貨取引事業の問題点や今後の課題を浮き彫りにしてくれた事件」でしたね。

これを教訓にしていただいて、「今後の仮想通貨業界の発展を祈ります」というきれいごとで締めたいと思います。

数時間後に、もやもやした気持ちを投稿しました。

コインチェックの補償は本当に神対応なのか?算出価格はトラブルになるのでは?

当研究所の所長の小手川征也です。 コインチェックの「NEM(ネム)」流出事件は補償を発表したことによって、一応決着したかのように見えますが・・・。 *追記 この後にYouTubeで動画を公開しました。 ...

続きを見る

金融庁の認可取得の国内大手仮想通貨取引所

初心者も安心の国内大手の仮想通貨取引所

Zaif(ザイフ)

◆金融庁の認可取得済み
◆剛力彩芽さんのTVCMでおなじみ
◆信用取引で追証が発生しない仕組み
◆取引手数料が「0」もしくは「マイナス」
◆トークンを含む、取り扱い通貨が豊富
◆運営会社は資本金8億を超える国内大手
◆モナコインの信用取引が可能
◆「Zaifコイン積立」がある
◆お笑い芸人の「かまいたち」のWebCM放送中

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

◆金融庁の認可取得済み
◆成海璃子さんのCMでおなじみ
◆資本金が41億238万円と国内最大規模
◆株主が3大メガバンクを含む大企業系VC
◆不正な出金発生時の損失を補償(上限500万円)
◆最大レバレッジ15倍で取引可
◆手数料無料キャンペーン継続中
◆7種の仮想通貨を取り扱い
(ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、モナコイン、リスク)

-コインチェック評判
-, ,

Copyright© スノーキーの仮想通貨・外国為替FX比較研究所 , 2018 All Rights Reserved.