コインチェック評判

コインチェック 財務状況 手持ちのキャッシュは1000億円以上?

投稿日:

当研究所の所長の小手川征也です。

いよいよ、明後日の2018年2月13日より、コインチェックに預けている日本円の出金が可能になる予定です。

コインチェック 日本円出金開始 破たん・倒産は遠のく?

当研究所の所長の小手川征也です。 コインチェックから、日本円出金開始のアナウンスのメールが届きました。 このページの目次1 コインチェックから届いたメール2 注意点3 どうして2月13日?4 破たん・ ...

続きを見る

支払い要求は300億円以上?

 

ロイターが伝えるところによりますと、日本円の支払い要求は少なく見積もっても、300億円以上とのことです。

そして今回の出金に関しては金融庁も了承済みとのことです。

コインチェック、13日に出金再開へ 金融庁も了承=関係筋
ロイター通信への外部リンク

スポンサーリンク

今回の報道でわかったこと

 

コインチェック社には金融庁の職員が10人以上常駐しており、その金融庁がOKを出したということは、300億円以上の出金に耐えられるキャッシュをコインチェックが保有しているということを確認したわけですよね。

そして、以前にネムホルダーへの補償額の約460億円も発表しています。

この二つの金額を合計しても760億円ということになり、会社の運転資金などを考えると1000億円を超えるキャッシュは保有しているのではないでしょうか?

1000億円だと結構ギリギリなので、数千億円の資金はありそうな気もします。

ということは、やはりあの記者会見は、補償額をディスカウントするための茶番だったという見方もできますね。

コインチェックのネムホルダーへ 88円が神対応か記者会見動画をご覧ください

当研究所の所長の小手川征也です。 コインチェックの補償は、保有していたネム×「約88円」で算出されるようです。 このページの目次1 まずはこちらの記者会見動画をご覧ください2 ネムの補償の算定価格の「 ...

続きを見る

スポンサーリンク

財務状況はどうなっているのか?

 

確かコインチェック側が例の記者会見で「決算の開示義務がない」ような返答をしていた記憶がありますが、「ないから言えない」のではなく「あるから言えない」可能性も高くなってきましたね。

懐事情を全て知られると、ネムホルダーへの補償額を増額もしないといけなくなる可能性も出てきますから。

先ほどの過去の投稿の中でもつっこみましたが「神対応でもなんでもない」額でしたからね。

特に、手元にキャッシュがあるのであれば、なおさらです。

また、手持ち資金を知られてしまうと、現在すでに「被害者団体」を結成し訴訟の準備に入っている投資家達の動きへの影響もありそうですしね。

仮想通貨のみなし業者 営業に期限設置検討へ コインチェックへの影響大

当研究所の所長の小手川征也です。 この投稿時点では、「コインチェック」や「みんなのビットコイン」はみなし業者と呼ばれる、金融庁から正式に認可を受けていない申請中の仮想通貨交換業者です。 このページの目 ...

続きを見る

昨日にお伝えしました「みなし業者への営業期限設置」案が現実のものになってしまうと、コインチェックの資金繰りが一気に苦しくなるのは明白なので、財務状況の公開は、コインチェック側の説明責任として、やはり必要なのではないでしょうか。

金融庁の認可取得の国内大手仮想通貨取引所

初心者も安心の国内大手の仮想通貨取引所

Zaif(ザイフ)

◆金融庁の認可取得済み
◆剛力彩芽さんのTVCMでおなじみ
◆信用取引で追証が発生しない仕組み
◆取引手数料が「0」もしくは「マイナス」
◆トークンを含む、取り扱い通貨が豊富
◆運営会社は資本金8億を超える国内大手
◆モナコインの信用取引が可能
◆「Zaifコイン積立」がある
◆お笑い芸人の「かまいたち」のWebCM放送中

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

◆金融庁の認可取得済み
◆成海璃子さんのCMでおなじみ
◆資本金が41億238万円と国内最大規模
◆株主が3大メガバンクを含む大企業系VC
◆不正な出金発生時の損失を補償(上限500万円)
◆最大レバレッジ15倍で取引可
◆手数料無料キャンペーン継続中
◆7種の仮想通貨を取り扱い
(ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、モナコイン、リスク)

-コインチェック評判
-,

Copyright© スノーキーの仮想通貨・外国為替FX比較研究所 , 2018 All Rights Reserved.