cointap評判

cointap DMM Bitcoin 違い

投稿日:

当研究所の所長の小手川征也です。

いよいよ2018年1月11日に新規口座開設申込受付開始が予定されています「DMM Bitcoin」。
株式会社東京ビットコイン取引所」より商号変更をおこない、DMMグループ内であることがわかりやすくなりました。

その一方でDMMグループのネクストカレンシーが、2018年春にオープン予定の仮想通貨取引所「cointap(コインタップ)」の事前登録を受け付けています。
2社にはどのようなサービスの違いがあるのか?を推測してみます。

DMM Bitcoinの特徴

 

DMM Bitcoin」はDMM Bitcoin 評判で詳細について書きましたが、サービス開始時には7通貨、14通貨ペアが取引できることと、クイック入金手数料なのが特徴です。
会社名に「DMM」を入れていることから、本気度はかなり高いでしょう

DMM Bitcoin 評判

当研究所の所長の小手川征也です。 FX業界では「GMOクリック証券」とFX業界の2大勢力の片方を担う「DMM FX」。 そのDMM FXを傘下にもつDMMグループの仮想通貨サービス「DMM Bitco ...

続きを見る

cointapの特徴

 

cointap(コインタップ)」の詳細に関しては、現時点では不明です。

2018年春ににサービスが予定されていることの他にはスマートフォン向けであることが伝えられています。
サービス名に入っている「タップ」はスマートフォンやタブレット端末の基本操作である画面をつつくような動作からきていると推測されます。

恐らく、iPhoneやiPad、Android端末用のアプリの操作性や性能にはかなりこだわったものになるのではないでしょうか?

仮想通貨は難しそう」「買い時・売り時がわからない」という初心者向けのサービスということなので、前者の「難しそう」から推測すると、取引できる通貨の数は「DMM Bitcoin」よりも少ないかも知れませんね。

また、仮想通貨の種類や注文方法もアイコン化されてわかりやすいものになるのではないでしょうか。

後者の「買い時・売り時がわからない」は、もしかして売買シグナルのようなものを機能としてつけてくれるのでは?

外国為替FXの世界では、さきよみLIONチャートぱっと見テクニカルのようなツールが口座があれば無料で利用できるのが普通ですからね。

同一グループ内で二つのサービスをすることはあるの?

 

DMM」グループ内で、二つのサービスを展開することに疑問を持たれる方もいらっしゃるかも知れませんが、外国為替FXの世界では珍しいことではありません。

GMOインターネットがグループ内で「GMOクリック証券」のFXサービスと「FXプライムbyGMO」の二社で外国為替FXサービスを提供しています。

また「DMM FX」と「外為ジャパン」は同じDMMグループです。

ヒロセ通商」と「JFX」も同一グループ企業です。

仮想通貨取引の世界でも、親会社が同じで、それぞれのサービスに特徴を持たせた複数の取引所などを提供するところが他にも出てくると予想しています。

色々と書きましたが、「cointap(コインタップ)」に関しては不明な点も多いので、サービス概要が公開されましたら、この投稿に追記したいと思います。

金融庁の認可取得の国内大手仮想通貨取引所

初心者も安心の国内大手の仮想通貨取引所

Zaif(ザイフ)

◆金融庁の認可取得済み
◆剛力彩芽さんのTVCMでおなじみ
◆信用取引で追証が発生しない仕組み
◆取引手数料が「0」もしくは「マイナス」
◆トークンを含む、取り扱い通貨が豊富
◆運営会社は資本金8億を超える国内大手
◆モナコインの信用取引が可能
◆「Zaifコイン積立」がある
◆お笑い芸人の「かまいたち」のWebCM放送中

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

◆金融庁の認可取得済み
◆成海璃子さんのCMでおなじみ
◆資本金が41億238万円と国内最大規模
◆株主が3大メガバンクを含む大企業系VC
◆不正な出金発生時の損失を補償(上限500万円)
◆最大レバレッジ15倍で取引可
◆手数料無料キャンペーン継続中
◆7種の仮想通貨を取り扱い
(ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、モナコイン、リスク)

-cointap評判
-,

Copyright© スノーキーの仮想通貨・外国為替FX比較研究所 , 2018 All Rights Reserved.