小手川征也(スノーキー)の日常

ワイシャツの左袖(ひだりそで)だけ汚れていた理由

投稿日:

当研究所の所長の小手川征也です。

仮想通貨とも外国為替FXとも関係がないのですが、ワイシャツの左袖だけ汚れていました

ワイシャツを着る頻度

 

私がスーツやワイシャツ(ビジネスシャツ)を着る頻度は、ここ10年間の平均だと、1年に2~3回です。

昨年より、定期的にセミナー講師をやらせていただくようになりましたので、1年に8回~10回ほどに増えました。

増えた」といっても、ビジネスパーソンの方々と比べると数十分の1ぐらいの頻度ですよね。

スポンサーリンク

ワイシャツの左袖が黒く汚れ始めた

 

昨年から、スーツを着る機会が増えて以降、ワイシャツを着る機会も比例して増えました

ある日から、左袖が黒く汚れていることに気づきました。

ホワイトボードにペンで文字を書くことがあるので、その時にでも「ペンの成分がついたのかな?」と思っていました。

もしくは、「スーツの左袖から色移りでもしたのかな?」と深く考えずにいました。

謎が解けないまま、左袖の汚れは、冬が終わり、春になり、夏が近づくにつれて、ますますひどくなっていきました

なぜか、右側の袖は全く汚れていません

スポンサーリンク

左袖の汚れの正体は

 

そして、真夏のある日、セミナー講師をやらせてもらう前に左袖を見ると「これはヤバい」というレベルまで汚れていました。

ヤバいというのは、他の方が見て気づくぐらいのレベルです。

セミナー前に、トイレで濡らしたペーパーで袖の汚れを落としながら真剣に考えてみました。

椅子に座り、周りを見渡していると・・・。

理由にふと気づきました!

カバンの持ち手の皮が剥げていたのです。

右利きの私は、ビジネスカバンを左の手首にかける機会が多いので、持ち手の皮が色移りしていたのです。

真夏なので、ジャケットを脱いでいることが多いですよね。

スーツを着る機会があまりない私は、カバンを買い替えることもありません。

考えてみれば、同じカバンを7年~8年使い続けていました。ポールスミスの皮製のカバンでした。

これを機会にビジネスカバンを買い替えようと思います。

一晩必死で調べてみましたが耐久性が高いらしいので吉田カバンの「PORTER(ポーター)」にしようかと思います。

もしもワイシャツの左袖の謎の汚れに悩んだら、ビジネスカバンの持ち手を調べてみてください!

金融庁の認可取得の国内大手仮想通貨取引所

初心者も安心の国内大手の仮想通貨取引所

Zaif(ザイフ)

◆金融庁の認可取得済み
◆剛力彩芽さんのTVCMでおなじみ
◆信用取引で追証が発生しない仕組み
◆取引手数料が「0」もしくは「マイナス」
◆トークンを含む、取り扱い通貨が豊富
◆運営会社は資本金8億を超える国内大手
◆モナコインの信用取引が可能
◆「Zaifコイン積立」がある
◆お笑い芸人の「かまいたち」のWebCM放送中

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

◆金融庁の認可取得済み
◆成海璃子さんのCMでおなじみ
◆資本金が41億238万円と国内最大規模
◆株主が3大メガバンクを含む大企業系VC
◆不正な出金発生時の損失を補償(上限500万円)
◆最大レバレッジ15倍で取引可
◆手数料無料キャンペーン継続中
◆7種の仮想通貨を取り扱い
(ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、モナコイン、リスク)

-小手川征也(スノーキー)の日常

Copyright© スノーキーの仮想通貨・外国為替FX比較研究所 , 2018 All Rights Reserved.