GMOコイン評判

GMOコイン 決算 赤字に転落

投稿日:

当研究所の所長の小手川征也です。

外国為替FX業界の雄である「GMOクリック証券」。

その取引高は「日本」だけではなく「世界」一位です。が・・・同じGMOグループでも「GMOコイン」は仮想通貨の世界では、そううまくはいっていないようです。

GMOフィナンシャルホールディングスの決算

 

GMOコイン」の親会社の株式会社GMOフィナンシャルグループの2018年1月~3月決算決算説明会が、2018年4月24日にありました。

その資料の中で、2018年1月~3月期は約7.6億円の赤字であったことが開示されています。

前の四半期の2017年10月~12月期が4.9億円の黒字だったので、赤字に転落したということですね。

スポンサーリンク

赤字に転落の理由は?

 

資料を見てみましたが、口座数や預かりビットコイン数は右肩上がりですが、FXの取引数量は落ちています。

GMOコイン レバレッジ改悪 最大25倍から5倍へ なぜ

当研究所の所長の小手川征也です。 「GMOコイン」の仮想通貨FXのレバレッジ最大25倍が最大5倍に引き下げられるようです。 サービス当初から、レバレッジ25倍に関しては「やりすぎだ」など、賛否両論の声 ...

続きを見る

コインチェック事件以降の仮想通貨市場の冷え込みや、最大レバレッジを25倍から5倍に引き下げたことの影響も出ているのでしょうか。

先を走っているbitFlyer(ビットフライヤー)Zaif(ザイフ)、コインチェックの大手3社のシェアがかなり大きいことも苦戦している理由でしょうね。

スポンサーリンク

GMOコインの今後は?

 

決算資料によりますと、すでにサービスを開始している「貸仮想通貨」に加え、取引所サービスも開始予定とのことです。

今の「GMOコイン」は板のない「相対取引・店頭取引」のみですからね。

仮想通貨 板とは?

当研究所の所長の小手川征也です。 投資用語でもあり、仮想通貨の取引でも使われる「板(いた)」とは何か?について。 「買い板(かいいた)」「売り板(うりいた)」などと使われます。 このページの目次1 仮 ...

続きを見る

板のイメージはこちらです。

板画像はZaif(ザイフ)のものです。

ビットフライヤーがすでに200万口座越え、コインチェックが170万口座越えに対して、「GMOコイン」はわずか14万口座(*2018年3月末の時点の情報)ほどにとどまっています。

今の口座数で板のある「取引所」サービスを始めても、投資家にとっては魅力を感じない気がしますが、どうでしょうか。

ただ、口座数が少ないということは伸びしろがあるということなので、本気の「GMOコイン」が仮想通貨業界でこれからどのような存在になっていくのか?に期待したいと思います。

-GMOコイン評判
-

Copyright© スノーキーの暗号資産・FX比較研究所と海外旅行 , 2019 All Rights Reserved.