GMOコイン評判

GMOコインに悪評が多い理由

投稿日:2018年1月4日 更新日:

当研究所の所長の小手川征也です。

鳴り物入りでビットコイン業界に参入してきました「GMOコイン」。
ところが、その評判の中には、あまり良くないものもあるようです。

GMOコインの追証なし騒動

 

その一番の理由は、
一部のネットユーザーが「GMOコインは追証がない」と勘違いしていたことでしょうか。

これはGMOコインの公式HPに「追加証拠金制度なし」と書かれていたことを
追証が発生しないと思い込んでしまったユーザーが多かったのでしょう。

追証制度がないことと追証(追加証拠金の差し入れ)が発生しないことは別ものです。GMOコインでは「不足金」と呼びます

その点を強調してGMOコインの良さを
広めていたトレーダーがいたことを私は確認しています。

GMOコインのHPには現時点でも
追加証拠金制度なし」の記述はあるようです。

ロスカットルールのみ採用!」「追加入金に追われません」と
書いてありますが、確かにこれは紛らわしい書き方で、
誤解してしまう方も多いと思います。

一部のユーザーから
わかりづらい」と受け止められてしまっても仕方ないですね。

GMOコインは店頭取引(と販売所)

 

GMOコインはユーザー同士が取引をする
取引所」ではありません。

ビットコインやアルトコインをユーザーが購入できる
販売所」としての役割と、
店頭取引」業者としての顔を持っています。

店頭取引とは何か?については、また後日詳しく書きたいと思いますが、
一部のユーザーは「ノミ行為」をしていると受け止めています。

店頭取引とは?

当研究所の所長の小手川征也です。 今回の記事では「FX(外国為替証拠金取引)」と「仮想通貨のレバレッジ取引等」に関する「店頭取引」について解説します。株式や他の投資の場合は少し意味が違ってきますのでご ...

続きを見る

FXの主流は「店頭取引」「店頭業者」が一般的なのですが、
この記事の執筆時点では
仮想通貨の取引はbitFlyer(ビットフライヤー)などの取引所が主流です。

受け止め方は人それぞれですよね。

ただ一つ言えることは、
店頭取引の場合は取引の相手方は業者ということです。

スプレッドの改悪騒動

 

GMOコインのビットコインの店頭取引のスプレッドは
原則300円」を売りにしていました。

ところが、そのスプレッドが
5000円」に広がっている時もあったようで、
そのキャプチャもSNSなどで拡散されていました。

このあたりも、店頭取引であることとミックスされて、
バッシングに繋がっていったようです。

スポンサーリンク

GMOコインはあり?なし?

今回の記事のタイトルが
「悪評が多い理由」なので、悪評をあげてみましたが、
利用するメリットは多数あります。

・最大レバレッジ25倍でFX取引ができる
bitFlyer(ビットフライヤー)が最大15倍、
coincheck(コインチェック)が最大5倍なので、
少額資金で始めたい方にとっては魅力的ではないでしょうか?

・スマートフォンアプリが高性能
GMOコインの親会社は国内大手IT企業の
GMOインターネット」です。
技術力の高さがアプリの性能にも出ています。

・会社の信頼度が高い
親会社は上場企業で、グループ企業の
GMOクリック証券は、店頭FX取引の最大手です。

メリットも多数ありますね。

ただ、現時点で私はcoincheck(コインチェック)を利用する予定です。

-GMOコイン評判
-

Copyright© スノーキーの暗号資産・FX比較研究所と海外旅行 , 2019 All Rights Reserved.