仮想通貨入門

仮想通貨 サーバーダウン 補償 ロールバック

投稿日:

当研究所の所長の小手川征也です。

コインチェック事件以降、2018年2月時点で仮想通貨取引における最大のリスクは取引所リスクだと思います。

取引所リスクの意味には、会社の信頼性(セキュリティ)はもちろんのこと、サーバーダウンを起こさない程度のサーバー強度なども含まれます。

仮想通貨取引所のサーバーダウンの理由

 

仮想通貨取引所がサーバーダウンを起こしてしまう理由は、大きく二つ考えられます。

一つ目が、仮想通貨ブームのスピードに、取引所の体制が追いついていないこと。

一か月待ちは当たり前の口座開設完了スピードは外国為替FXと比較すると、異常な待ち時間です。

外国為替FXなら、平日だと二日間ぐらいで簡易書留でIDとパスワードが送られてきます。

仮想通貨交換業者の中でも、ここは例外的に速かったです→bitFlyer(ビットフライヤー)

二つ目が、サイバー攻撃です。

北朝鮮からだという噂もありますが、今最もサイバー攻撃の標的にされているのは仮想通貨交換業者のようです。

スポンサーリンク

仮想通貨交換業者のサーバーダウン後に暴落・補償

 

それでは本題に。

もしも、仮想通貨交換業者がサーバーダウンを起こしたり、ログインしづらい不具合が発生して、その間に価格が暴落・あるいは急騰していた場合、補償に応じてくれるかどうか?について。

ほぼ100%、補償やロールバックなどの対応はしてくれないと思います。

コインチェック社はNEMの流出事件で補償を発表しました。*実行はまだされていませんが

コインチェックのネムホルダーへ 88円が神対応か記者会見動画をご覧ください

当研究所の所長の小手川征也です。 コインチェックの補償は、保有していたネム×「約88円」で算出されるようです。 このページの目次1 まずはこちらの記者会見動画をご覧ください2 ネムの補償の算定価格の「 ...

続きを見る

あれは、盗まれたことに対する(セキュリティの甘さを認めた)補償であり、サーバーダウンに対する補償ではないので、別の問題&対応です。

スポンサーリンク

ではどうすればいいのか?

 

もしも私が利用している仮想通貨交換業者で、サーバーダウン中にポジションを失うようなことがあれば補償やロールバックを求めたい気持ちは出てくると思います。

ですが、利用規約・約款と自己責任論で片づけられると思います

外国為替FXが今ほど市民権を得る前・ちょうど私が始めた頃は、FX業者のサーバーダウンや不具合は、それほど珍しいことではありませんでした

なので、どうしていたか?というと、2社・3社にお金を分散していました。

一社だけに資金を集中させていて、万が一サーバーダウンが起きた場合に困るので。

例えば、A社で買いポジションを持っていてサーバーダウンが発生した場合、B社で売りポジションを持ってヘッジをする、ということを考えていました。

実際にそのようなことをする場面には、運よく遭遇しませんでしたが。

ということで、今私たちが出来ることは信頼できる取引所を利用することですが、残念ながらどこでも何かしらの不具合は発生しています。

なので、資金を分散するというのが、最も現実的な対策かと思います。

コインチェック事件でも、一社に資金を集中していなければ・・・と後悔しているコインチェック民がこの文章を書きました

ちなみに、サーバーダウンや不具合を起こした取引所を擁護する気は全くありません

そういった余計な心配を投資家がしないで済むような環境になってほしいと願っています。

-仮想通貨入門
-,

Copyright© スノーキーの暗号資産・FX比較研究所と海外旅行 , 2019 All Rights Reserved.