投資用語

店頭取引とは?

投稿日:

当研究所の所長の小手川征也です。

今回の記事では「FX(外国為替証拠金取引)」と「仮想通貨のレバレッジ取引等」に関する「店頭取引」について解説します。株式や他の投資の場合は少し意味が違ってきますのでご了承ください。

店頭取引とは?

 

店頭取引の対義語は「取引所取引」です。
ということは、取引所を介さない取引が店頭取引と言いかえることも出来ます。

店頭取引とは?
FXや仮想通貨取引の場合、業者が提示したレートで売買をする取引。
取引所取引と違う大きな点は、取引の相手方は業者である。「相対取引」「OCT取引」と呼ばれることもある。

 

店頭取引のメリット

 

FXや仮想通貨の場合、一般的には取引所取引と比べて、取引コストが安いのが最大の利点

他のメリットとしてあるのは、
仮想通貨の取引所取引の場合、売りたい時に他の投資家からの買い注文が同数量出ていないと売れません。
また、他の投資家からの買い注文の数量が少ない場合、自分の注文がレートを動かすことになるので想定以上のコストになってしまいます。

店頭取引の場合は、板がない2WAY取引(提示されたレート)で行われるので、注文が成立しやすいです。
(*成行注文の場合、スリッページ・滑りが発生する場合もあります)

店頭取引のデメリット

 

店頭取引の最大のデメリットは業者側が自由に提示レートを決めることが出来るので、提示レートの透明性が低い点です。

また、店頭取引は実物を売買しない数字だけのやり取りです。
A社」という店頭取引業者で買った外国為替や仮想通貨を「B社」という店頭取引業者に売るということは出来ません。

顧客の損失が業者の利益につながることもあるので悪いイメージを持つ投資家も多数も存在する。

店頭取引と取引所取引どっちがいい?

 

提示レートの透明性を求めるなら「取引所取引」、取引コストを抑えたいなら「店頭取引」でしょうか。

ただ、これらは会社信頼度や取引ツールの性能、取引できる通貨の数を加味しない一般論です。

私が利用予定の取引所はこちら→coincheck(コインチェック)

管理人の利用している仮想通貨取引所

初心者も安心の国内大手の仮想通貨取引所

coincheck(コインチェック)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

◆出川哲朗さんのCMでおなじみ
◆ビットコイン取引アプリ利用者数NO.1
◆ビットコイン取引高NO.1
◆不正ログインに掛かる損失を補償(最大100万円)
◆取引所手数料無料キャンペーン継続中
◆最大レバレッジ5倍で取引可
◆13種類の仮想通貨を取り扱い
(ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、リップル、リスク、ファクトム、モネロ、オーガー、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、ダッシュ、ジーキャッシュ、ネム)

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

◆成海璃子さんのCMでおなじみ
◆資本金が41億238万円と国内最大規模
◆株主が3大メガバンクを含む大企業系VC
◆不正な出金発生時の損失を補償(上限500万円)
◆最大レバレッジ15倍で取引可
◆手数料無料キャンペーン継続中
◆6種の仮想通貨を取り扱い
(ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、モナコイン)

-投資用語
-

Copyright© スノーキーの仮想通貨・外国為替FX比較研究所 , 2018 All Rights Reserved.