仮想通貨の税金

もしもコインチェックが破たん・倒産して出金できなくなったら税金は?

投稿日:2018年1月26日 更新日:

当研究所の所長の小手川征也です。

私もコインチェックでネムを保有しているホルダーです。

以下の投稿で新情報が入り次第追記していきます。

コインチェック ショック 不正引き出し?全通貨売買&出金を一時停止 まとめ

当研究所の所長の小手川征也です。 私もメインとして利用しているcoincheck(コインチェック)で深刻なトラブルが発生しているようです。 私自身もコインチェックでネムを保有しているホルダーです。 * ...

続きを見る

まだ現時点では、本当にネムやリップルの不正引き出しがあったのか?はコインチェックからの正式なアナウンスがないからわかりません。

一部で指摘されているように不正な引出しがあって、600億円を超える仮想通貨が戻ってこない場合、コインチェックの資本力(資本金9200万円)では経営を維持していくのが困難になるのではないでしょうか?

コインチェックでは現在出金ができない

 

コインチェックでは1/26 16:33のお知らせ以降、JPY(日本円)を含むすべての通貨での出金が停止されています(*投稿時点でも解除されていない様子)。

不正な引出しの被害に遭っているアルトコインが出金できないのはともかくとして、日本円の出金を停止しているのはどういう理由なのでしょうか?

取り付け騒ぎ」のようになるのを防ぐ目的なのかもしれませんが、この措置も不透明で私たち投資家が、コインチェックに対する不信感をさらに強める理由の一つです。

スポンサーリンク

もしもコインチェックが破たん・倒産したらどうなる

 

もしもですが、コインチェックが破たん・倒産した場合ですが、仮想通貨取引には外国為替FXのように信託保全のスキーム・仕組みがないので、お金が返ってこない可能性もあります。

日本円まで出金できない状態にしてある点が本当に不可解なのですが、破たんしてしまったら、取り返せないかもしれません

で、本題の昨年にたくさんの利益を出していて、コインチェックからお金が引き出せなくなった場合。手元に現金がない場合

納税の義務が発生していることと、取引所が破たんしたり、お金が引き出せなくなったことは別問題なので、税金をおまけしてくれる可能性はないでしょう。

仮想通貨 税金 バレる?バレない?

当研究所の所長の小手川征也です。 今年も確定申告の時期がやってきました。平成29年(2017年)分の確定申告の受付は平成30年(2018年)2月16日(金)から3月15日(木)です。 このページの目次 ...

続きを見る

2018年の仮想通貨の暴落で税金を納めるお金がなくなった場合

当研究所の所長の小手川征也です。 2017年にビットコイン・アルトコインの取引で大きな利益を出すことが出来た方の中には、2018年の暴落でその利益を全て溶かしてしまった方もいらっしゃるのではないでしょ ...

続きを見る

ただ、過去の投稿でも書きましたが、税務署で事情を全て話した方がいいです。

確定申告に行かなかったら、バレた時に「脱税」になっちゃうので。

 

コインチェックのユーザーで今回の事件?に巻き込まわれしまった方は、騒いだ方がいいですね。騒ぐというのは、会社に押し掛けるとかそういう意味ではなく、Twitterやネット上での拡散です。

今回の騒動の一番の原因はコインチェックですが、私たちが取引所を選ぶ目がなかった点に自己責任の部分はないとは言いきれません。

ただ、1000億円を超えると言われている預かり資産を集められるような営業ができる状態の会社にしていた、金融庁など、お上の責任もあるのではないでしょうか。

そういった点もネット上などで指摘しつつ、騒動の行方を見守り、最悪の事態も想定して行動していきたいと思っています。

今はコインチェックの社長の記者会見などの発表を待つしかないですね。

金融庁の認可取得の国内大手仮想通貨取引所

初心者も安心の国内大手の仮想通貨取引所

Zaif(ザイフ)

◆金融庁の認可取得済み
◆剛力彩芽さんのTVCMでおなじみ
◆信用取引で追証が発生しない仕組み
◆取引手数料が「0」もしくは「マイナス」
◆トークンを含む、取り扱い通貨が豊富
◆運営会社は資本金8億を超える国内大手
◆モナコインの信用取引が可能
◆「Zaifコイン積立」がある
◆お笑い芸人の「かまいたち」のWebCM放送中

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

◆金融庁の認可取得済み
◆成海璃子さんのCMでおなじみ
◆資本金が41億238万円と国内最大規模
◆株主が3大メガバンクを含む大企業系VC
◆不正な出金発生時の損失を補償(上限500万円)
◆最大レバレッジ15倍で取引可
◆手数料無料キャンペーン継続中
◆7種の仮想通貨を取り扱い
(ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、モナコイン、リスク)

-仮想通貨の税金
-, ,

Copyright© スノーキーの仮想通貨・FX比較研究所と海外旅行 , 2018 All Rights Reserved.