仮想通貨の税金

仮想通貨 分離課税の可能性は低い? 2018

投稿日:

当研究所の所長の小手川征也です。

仮想通貨の税金に関して、国会議員のセミナーでの発言を見つけました。

今回の投稿のソース

 

今回の投稿のソースは「外為どっとコム」という外国為替FX業者での今井雅人議員の発言です。

スポンサーリンク

発言内容

 

オンラインセミナーの閲覧者からのチャットで「藤巻議員が取り組んでいる仮想通貨の分離課税は近い将来実現するのか?」というものがありました。

それに対して今井雅人議員は「簡単じゃない
分離課税に持ち込むにはもっと規制を強化しないとダメ
外国為替FXが分離課税になったのは信託保全やレバレッジ規制など環境を整えて『金融商品として大丈夫』となってからだった」と発言をされていました。

あくまでも、今井雅人議員の個人的な見解なので、お上がどうするか?は別問題です。

ただ、2018年の間に分離課税が実現するのは難しいのではないか?と私も思っています。まだまだ市場が成熟していませんからね。

私の考えを書きました、過去の投稿もよければご覧ください。

仮想通貨 分離課税や税制変更の可能性が低い理由

当研究所の所長の小手川征也です。 アルトコイン・ビットコインなどの仮想通貨取引の最大のコストともいえるのが税金です。 その仮想通貨の税制変更の可能性について。 このページの目次1 2017年分の仮想通 ...

続きを見る

金融庁の認可取得の国内大手仮想通貨取引所

初心者も安心の国内大手の仮想通貨取引所

Zaif(ザイフ)

◆金融庁の認可取得済み
◆剛力彩芽さんのTVCMでおなじみ
◆信用取引で追証が発生しない仕組み
◆取引手数料が「0」もしくは「マイナス」
◆トークンを含む、取り扱い通貨が豊富
◆運営会社は資本金8億を超える国内大手
◆モナコインの信用取引が可能
◆「Zaifコイン積立」がある
◆お笑い芸人の「かまいたち」のWebCM放送中

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

◆金融庁の認可取得済み
◆成海璃子さんのCMでおなじみ
◆資本金が41億238万円と国内最大規模
◆株主が3大メガバンクを含む大企業系VC
◆不正な出金発生時の損失を補償(上限500万円)
◆最大レバレッジ15倍で取引可
◆手数料無料キャンペーン継続中
◆7種の仮想通貨を取り扱い
(ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、モナコイン、リスク)

-仮想通貨の税金
-

Copyright© スノーキーの仮想通貨・FX比較研究所と海外旅行 , 2018 All Rights Reserved.