マネックスコイン評判

コインチェックの新社名は「マネックスコイン」か

投稿日:

当研究所の所長の小手川征也です。

今週内にも正式なアナウンスがあると言われているマネックスグループによるコインチェック社の買収

新社名・サービス名について予想してみました。

コインチェックから社名・サービス変更の可能性は大きい

 

コインチェック」という名前は、どうしても例のネム流出事件のネガティブなイメージが強いです。

コインチェック ショック 不正引き出し?全通貨売買&出金を一時停止 まとめ

当研究所の所長の小手川征也です。 私もメインとして利用しているcoincheck(コインチェック)で深刻なトラブルが発生しているようです。 私自身もコインチェックでネムを保有しているホルダーです。 * ...

続きを見る

コインチェックでネムを強制利確になってしまった投資家や、その他アルトコインが売買できない状態で含み損が膨らんでしまった投資家は特に悪い印象をお持ちの方が多いでしょう。

社名変更には、そういったイメージを払拭する意味合いと、マネックスグループである(上場企業系である)ということを知らせる意味があると思います。

外国為替FXの例ですと、YJFX社がサイバーエージェントFXを買収した後に、自社(Yahoo!グループ)のブランドを前面に出すために社名変更をしたようです。

スポンサーリンク

マネックスグループの株価

 

昨日は、コインチェック買収のニュースが流れてすぐにマネックスグループの株価はストップ高をつけました。

先ほど、株価をチェックしてみましたが、反落しています。

チャート画像は楽天証券のマーケットスピードのものです。

前日のストップ高の反動からか、値を下げています。

それほどの好材料ではない、と冷静になった投資家が判断した結果なのでしょうか。

スポンサーリンク

新社名予想

 

コインチェックがマネックスグループに買収されると決定して、社名・サービス名を変更した場合、どのような社名になるか予想してみたいと思います。

  1. マネックス仮想通貨
  2. マネックス暗号通貨
  3. マネックス・バーチャルカレンシーズ
  4. マネックスビットコイン
  5. マネックスコイン

1と2は、カタカナ+漢字というのが、ネーミング的にイマイチなので、私なら社名やサービス名としては選びませんね。

個人的な好みの問題なのかもしれませんが・・・。

3のバーチャルカレンシーズはSBIバーチャル・カレンシーズからヒントを得ましたが、SBIグループとマネックスグループは仲が悪そうなので、似たような名前にはしないでしょう。

4の「マネックスビットコイン」は候補としてはありそうですが、コインチェックはアルトコインの数が豊富なことが売りなので、仮想通貨全体を含めた意味にとりやすい「マネックスコイン」「monexcoin」が私の予想です。

金融庁の認可取得の国内大手仮想通貨取引所

初心者も安心の国内大手の仮想通貨取引所

Zaif(ザイフ)

◆金融庁の認可取得済み
◆剛力彩芽さんのTVCMでおなじみ
◆信用取引で追証が発生しない仕組み
◆取引手数料が「0」もしくは「マイナス」
◆トークンを含む、取り扱い通貨が豊富
◆運営会社は資本金8億を超える国内大手
◆モナコインの信用取引が可能
◆「Zaifコイン積立」がある
◆お笑い芸人の「かまいたち」のWebCM放送中

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

◆金融庁の認可取得済み
◆成海璃子さんのCMでおなじみ
◆資本金が41億238万円と国内最大規模
◆株主が3大メガバンクを含む大企業系VC
◆不正な出金発生時の損失を補償(上限500万円)
◆最大レバレッジ15倍で取引可
◆手数料無料キャンペーン継続中
◆7種の仮想通貨を取り扱い
(ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、モナコイン、リスク)

-マネックスコイン評判
-,

Copyright© スノーキーの仮想通貨・外国為替FX比較研究所 , 2018 All Rights Reserved.