SBIバーチャルカレンシーズ評判

SBIバーチャル・カレンシーズ リップルのみに悪評噴出!だがしかし!?

投稿日:

当研究所の所長の小手川征也です。

SBIホールディングス傘下の仮想通貨交換業者の「SBIバーチャル・カレンシーズ」。

以前にサービス開始は早くても2018年夏、恐らく秋以降とお伝えしましたが、2018年6月4日よりサービスの開始が公式に伝えられました。

今回の投稿のソース

 

今回の投稿のソースは「SBIバーチャル・カレンシーズ」のプレスリリースです。

SBIバーチャル・カレンシーズのサービス開始のお知らせ
SBIバーチャル・カレンシーズプレスリリースへの外部リンク

スポンサーリンク

プレスリリースの一部を抜粋

 

プレスリリースで伝えられたことをまとめてみました。

  • 2018年6月4日(月)より仮想通貨の現物取引サービス「VCTRADE」の提供を開始
  • まずは口座開設の先行予約をした約2万人にパスワード等を郵送
  • 一般口座開設は2018年7月中
  • まずは先行してXRP(リップル)のみ
  • 後日にビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)の提供も予定
  • セキュリティ面はセコムと連携

リップルのみという点が・・・。

スポンサーリンク

ネット上の声

 

ネット上の声を拾ってみましたが、大きく分けて二つですね。

  • 期待はずれ
  • リップルにとってはポジティブなニュース

後日に取り扱い通貨が増える予定があると言っても増えても3通貨ですし、サービス開始直後はリップルのみです。

bitFlyer(ビットフライヤー)Zaif(ザイフ)に不満を持っていて「SBIバーチャル・カレンシーズ」がサービス開始後に乗り換えようと思っていた方投資家は、肩透かしを食らった格好のようです。

Zaifは取り扱い通貨数が多いですからね・・・。

Zaif(ザイフ) 評判

当研究所の所長の小手川征也です。 この投稿では、金融庁の認可取得済み・国内大手の仮想通貨取引所のZaif(ザイフ)の特徴・評判をまとめていきたいと思います。剛力彩芽さんのTVCMもスタートしました。私 ...

続きを見る

その他の期待はずれな理由のとしては「取引所方式ではなく販売所方式」である点や「入金が日本円のみで仮想通貨は不可能」である点などが挙げられています。

ポジティブな面に目を向けてみると「SBIホールディングスと関係が深いリップルにとっては好材料」という声です。

SBIバーチャル・カレンシーズ」サービス開始の一報を受けて、リップルは上昇していますからね。

チャート画像はコインチェックのものです。

金融庁で「仮想通貨交換業等に関する研究会」でこれから先の仮想通貨交換業者にとって大事なことが話し合われている最中ですし、今は保守的なサービス内容でスタートするのが無難だという、大人の判断なのでしょうか。

 

管理人の個人的な感想

 

管理人の個人的な感想としては「今は口座開設は見送りたい」というのが正直な気持ちです。

取り扱い通貨の数がもっと増えてから検討したいと思います。

金融庁の認可取得の国内大手仮想通貨取引所

初心者も安心の国内大手の仮想通貨取引所

Zaif(ザイフ)

◆金融庁の認可取得済み
◆剛力彩芽さんのTVCMでおなじみ
◆信用取引で追証が発生しない仕組み
◆取引手数料が「0」もしくは「マイナス」
◆トークンを含む、取り扱い通貨が豊富
◆運営会社は資本金8億を超える国内大手
◆モナコインの信用取引が可能
◆「Zaifコイン積立」がある
◆お笑い芸人の「かまいたち」のWebCM放送中

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

◆金融庁の認可取得済み
◆成海璃子さんのCMでおなじみ
◆資本金が41億238万円と国内最大規模
◆株主が3大メガバンクを含む大企業系VC
◆不正な出金発生時の損失を補償(上限500万円)
◆最大レバレッジ15倍で取引可
◆手数料無料キャンペーン継続中
◆7種の仮想通貨を取り扱い
(ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、モナコイン、リスク)

-SBIバーチャルカレンシーズ評判
-

Copyright© スノーキーの仮想通貨・外国為替FX比較研究所 , 2018 All Rights Reserved.