SBIバーチャルカレンシーズ評判

SBIグループ 仮想通貨事業

投稿日:

当研究所の所長の小手川征也です。

私が仮想通貨の取引を始めようと思ったのは、多くの大企業がこのビジネスに関わっているからです。

特に、SBIグループ・SBIホールディングスが仮想通貨関連事業に出資をしたり、多くの会社が参入(検討を含む)していることなどが決め手となりました。

SBIグループとは?

 

SBIグループとは?
東証一部上場企業の金融持株会社「SBIホールディングス」のグループ企業のこと。
SBI証券、SBI FXトレードなどがグループ内にある。
創業者・社長の北尾吉孝(きたおよしたか)氏はカリスマ経営者として有名。

個人的には、ホリエモンが社長の時のライブドアによるニッポン放送買収問題で、フジテレビのホワイトナイトとして登場してきた時の北尾さんの「僕はタフですよ」がとても印象的です。

 

SBIグループの仮想通貨取引所

 

SBIグループの仮想通貨取引所は「SBIバーチャルカレンシーズ」です。

が・・・昨年12月に優先口座開設が閉め切られた後に、2017年12月22日の「一般の口座開設受付開始を延期」のアナウンス以降、新たな情報はありません

GMOコイン」や「DMM Bitcoin」などの様子をうかがってから、万全の態勢でスタートするのでしょうか。

北尾社長は取材に対して「まだ業務を始めるな。準備に時間をかけても慌てることはないと言っている」と答えられている記事を見ました。

サービス開始のニュースが出てきたら、仮想通貨市場にとってはポジティブなニュースなんですけどね。

スポンサーリンク

SBIグループとリップル

 

SBIグループが米リップル社に投資していることも有名です。

約11%の株式を保有しているということなので、それが日本国内での「リップル(XRP)」の人気の理由の一つでなんでしょうね。

 

その他のSBIグループの仮想通貨関連事業

 

SBI Crypto」という会社を2017年8月に設立して「マイニング」事業を世界中でやっているとのことです。

ここまででも充分、SBIグループが仮想通貨関連事業に本気だということが伝わってきます

その他にもグローバルな取引所「Digital Asset Exchange」を香港で設立予定。ただ、こちらも昨年12月の北尾さんのTwitterの投稿以降、新しいニュースが出てこないのが気になりますね。

モーニングスター株式会社」では、Webサイト上で仮想通貨関連ニュースや、ビットコイン・アルトコインの時価総額ランキングの公開の他、ICOの格付けを開始するとのことですが、こちらもまた見当たりませんでしたね。

その他にも「決済サービス」「送金サービス」「ヘッジファンド」など仮想通貨関連のビジネスは多岐に及びます。

また、bitFlyer(ビットフライヤー)の株主にも、SBI系のVC(ベンチャーキャピタル)の「SBI investment」の名前があったことも印象に残っています。

現時点ではまだ本格的にスタートしていないものもありますが、逆に言うと、それらが動き出した時が、仮想通貨市場をさらに活発になることに繋がるのは間違いないので、今から楽しみですね。

金融庁の認可取得の国内大手仮想通貨取引所

初心者も安心の国内大手の仮想通貨取引所

Zaif(ザイフ)

◆金融庁の認可取得済み
◆剛力彩芽さんのTVCMでおなじみ
◆信用取引で追証が発生しない仕組み
◆取引手数料が「0」もしくは「マイナス」
◆トークンを含む、取り扱い通貨が豊富
◆運営会社は資本金8億を超える国内大手
◆モナコインの信用取引が可能
◆「Zaifコイン積立」がある
◆お笑い芸人の「かまいたち」のWebCM放送中

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

◆金融庁の認可取得済み
◆成海璃子さんのCMでおなじみ
◆資本金が41億238万円と国内最大規模
◆株主が3大メガバンクを含む大企業系VC
◆不正な出金発生時の損失を補償(上限500万円)
◆最大レバレッジ15倍で取引可
◆手数料無料キャンペーン継続中
◆7種の仮想通貨を取り扱い
(ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、モナコイン、リスク)

-SBIバーチャルカレンシーズ評判
-

Copyright© スノーキーの仮想通貨・FX比較研究所と海外旅行 , 2018 All Rights Reserved.