海外短期留学

パスポート延長時の注意点 期間の切り捨て

投稿日:2018年10月7日 更新日:

当研究所の所長の小手川征也です。

仮想通貨のネタがないので、私的なことを書いていきたいと思います。

2019年に海外短期留学に行く予定です!

それにまつわるネタをこのサイトとこのYouTubeチャンネルで公開していきたいと思います。

パスポート延長の理由

 

私が海外短期留学をする予定なのは、2019年の前半です。

パスポートの期間があまり残っていなかったので、延長をすることにしました。

スポンサーリンク

パスポート延長に必要なもの

 

パスポート延長に必要なものですが、インターネット上には以下のものが書かれていました。

  • 有効な旅券(今持っているパスポート)
  • パスポート用の写真(提出の6カ月以内に撮影されたもの)

基本的には、この2点でした。

氏名や本籍地に変更があった場合や、他の都道府県に住民登録している場合は戸籍謄本(抄本)や住民票が必要になります。

あとは、期間が5年なら11,000円10年のものなら16,000円の収入印紙代と手数料が必要になります。

ちなみに、印紙代などの代金は受け取りの際に必要でした。

申請の際は、さっきの2点のみが必要なものでした(*パスポートセンターで申請書類に記入して提出)。

スポンサーリンク

パスポート期間を延長した場合は切り捨てられる

 

パスポートセンターにいざ行ってから聞いたのが、残った期間は切り捨てということです。

私が延長申請に行ったときは、2019年8月まで期間が残っていました。

ぎりぎりに延長手続きをすれば、2029年8月までのものになったはずです。

が、2018年10月に延長の手続きに行ったために、有効期限は2028年10月までになってしまいました。

10カ月分ぐらい切り捨てられてしまいました・・・。

ちなみに、私は1年に1回ペースで海外旅行に行っているので、パスワードの残存期間は切れないように延長を繰り返しています。

期限が切れてしまうと、1からの取得と同様の手続きが必要になるので、戸籍謄本(抄本)や住民票の原本などが必要になるので。

頻繁に海外旅行に行かない方は、延長に関して神経質になる必要はないかもしれませんね。

*追記 私が焦って延長をしてしまった理由はこちらの投稿で書きました

海外旅行予約 パスポート いる?いらない?

当研究所の所長の小手川征也です。 短期海外留学ネタです。 このサイトとこのYouTubeチャンネルで公開していきたいと思います。 先日のこちらの投稿では、パスポートの残存期間の切り捨てについて書きまし ...

続きを見る

-海外短期留学

Copyright© スノーキーの仮想通貨・FX比較研究所と海外旅行 , 2018 All Rights Reserved.