ソーシャルトレード・コピートレード

INSTANTRADE(インスタントトレード) レビュー

投稿日:2018年1月19日 更新日:

当研究所の所長の小手川征也です。

以前に、こちらの記事で書きましたが、日本国内でソーシャルトレードを提供するFX会社はありません

日本にソーシャルトレードがない理由

当研究所の所長の小手川征也です。 ソーシャルトレード デメリットとリスクに続く、ソーシャルトレードに関する投稿です。 このページの目次1 日本でも過去にあったソーシャルトレードサービス2 日本からソー ...

続きを見る

日本語で書かれているサイトであっても、それは海外業者の可能性が高いです。

*追記 こちらの日本国内の会社がサービスを開始しましたみんなのFX

みんなのFX みんなのシストレ 国内唯一のソーシャルトレード

当研究所の所長の小手川征也です。 INSTANTRADE(インスタントトレード) レビューに続く、ソーシャルトレードに関する投稿です。 過去にこちらの投稿で、私の知る限りは日本国内でソーシャルトレード ...

続きを見る

日本国内で最もユーザー数が多いソーシャルトレード

 

日本人の利用者数が最も多いソーシャルトレードは、そのデータを研究、そしてその結果を保有しているWebサイトなどはないので、推測でしかないのですが、恐らく「INSTANTRADE(インスタントトレード)」、愛称「インスト」だと思います。

去年の流行語大賞に「インスタ映え」が選ばれましたが、サービスのネーミングセンスはすごいですね。

スポンサーリンク

インストが日本で人気が出た理由

 

私がインストの存在を知ったのは「日刊SPA!」です。フジサンケイグループの「扶桑社」さんの「週間SPA!」のWeb版ですね。

そして、その記事の転載だと思うのですが、日本で最も利用者やアクセス数の多いアメーバブログ系のニュースサイトのアメーバニュースでも紹介されました

この二つの大きなメディアで紹介されたら、人気が出たり、話題になって当然ですよね。

 

インストのスペックを調査してみた

 

INSTANTRADE(インスタントレード/インスト)」は海外に本拠地を置く、いわゆる「海外業者」です。日本の金融庁の認可を受けてビジネスをしていないので「無登録業者」とも呼ばれます。

本拠地が海外ということで、どこの国に拠点があるのか?を調べてみたところ、セーシェルという東アフリカ沖に浮かぶ島々からなる小国でした。

人口は86,000人ほどの国のようです。

最大レバレッジは500倍
日本のFXのレバレッジが最大25倍で、それすら改悪しようとしている動きがあることを考えると、圧倒的な資金効率です。

気になる「ゼロカット制度があるかどうか?」ですが、証拠金維持率100%にてロスカットが発動はするものの、相場が急変した場合は「不足金の入金」が必要ということなので、ゼロカット制度はありませんね。

 

インストの利用料と入金方法

 

使用料や手数料ですが、無料のようです。口座開設費用や月額料金なども必要がないようです。

INSTANTRADE(インスタントトレード)」のサーバー上で取引が行われているようなので私たちがサーバーをレンタルして、用意する必要はないようです。

入金方法は楽天カード除く各種クレジットカードや銀行振込、Pay-easyなどです。

日本国内のFX業者では一般的なクイック入金は出来ないようです。その理由は、金融庁が銀行に対して圧力をかけているからだと推測されます。

個人的には、どうして楽天カードが除外されているのか気になりましたが(笑)

それはさておき、入金額に関しては初回の入金は最低3万円以上、2回目以降は最低1万円以上というルールがあるので気をつけましょう。

銀行振込の場合は入金事務手数料として1,000円の手数料が発生することとクレジットカード決済での一度の入金限度額は35万円であることも押さえておきたいポイントです。

スポンサーリンク

インストは儲かるのか?儲からないのか?

 

INSTANTRADE(インスタントトレード)」の大本営発表(公式ホームページ)の情報を見る限りでは、高いパフォーマンスを出しているトレーダーもいるようです。

勝率100%」のトレーダーも存在しましたが、そんなことはあり得るのでしょうか?

全く損切りをせずに含み損にひたすら耐えれば勝率100%にはなりますよね。

他にも勝率が80%~90%のトレーダーがゴロゴロいます。

損失額でランキングを並べ替えると、700万円や600万円の損失を出しているトレーダーもいるようなので、ネガティブな面は隠してはいないようです。

儲かるのか?儲からないのか?は、選んだトレーダー次第としか言いようがありません。
どのような金融商品でも、やれば必ず儲かるものなんてありませんからね。

管理人がインストをやらない理由

 

ここまで、色々と書いてきましたが、私はやるつもりはありません。
その理由はこちらです。

  • 海外業者である
  • ハイレバレッジなのにゼロカット制度がない
  • クイック入金ができない
  • どこの誰かもわからないトレーダーにお金を預けることは出来ない
  • トレーダーの成績が本当かどうかわからない
  • トレーダーを集めた経緯が不透明

やらない理由なのでネガティブな意見を出しましたが、要は期待値よりも不安の方が大きいから、やりません

逆に言えば、不安よりも期待値の方が勝っているのであれば、始める理由にはなるでしょう。

ただ、やるにしても少額資金でスタートするのが無難だと思いますが。

金融庁の認可取得の国内大手仮想通貨取引所

初心者も安心の国内大手の仮想通貨取引所

Zaif(ザイフ)

◆金融庁の認可取得済み
◆剛力彩芽さんのTVCMでおなじみ
◆信用取引で追証が発生しない仕組み
◆取引手数料が「0」もしくは「マイナス」
◆トークンを含む、取り扱い通貨が豊富
◆運営会社は資本金8億を超える国内大手
◆モナコインの信用取引が可能
◆「Zaifコイン積立」がある
◆お笑い芸人の「かまいたち」のWebCM放送中

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

◆金融庁の認可取得済み
◆成海璃子さんのCMでおなじみ
◆資本金が41億238万円と国内最大規模
◆株主が3大メガバンクを含む大企業系VC
◆不正な出金発生時の損失を補償(上限500万円)
◆最大レバレッジ15倍で取引可
◆手数料無料キャンペーン継続中
◆7種の仮想通貨を取り扱い
(ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、モナコイン、リスク)

-ソーシャルトレード・コピートレード
-

Copyright© スノーキーの仮想通貨・外国為替FX比較研究所 , 2018 All Rights Reserved.