仮想通貨トレード戦略

仮想通貨 バブル崩壊 悪材料 2018

投稿日:

当研究所の所長の小手川征也です。

今回は、2018年に仮想通貨バブルを崩壊させてしまう材料・すでに出ている悪材料について。

コインチェックのネム流出事件

 

2018年の仮想通貨市場の悪材料といえば仮想通貨取引をされている方・されていない方でもご存知だと思いますが、コインチェックのネム流出事件ですよね。

コインチェック ショック 不正引き出し?全通貨売買&出金を一時停止 まとめ

当研究所の所長の小手川征也です。 私もメインとして利用しているcoincheck(コインチェック)で深刻なトラブルが発生しているようです。 私自身もコインチェックでネムを保有しているホルダーです。 * ...

続きを見る

2018年の仮想通貨市場を一気に冷え込ませたのは、間違いなくコインチェックの例の事件です。

ただ、この件がなくても遅かれ早かれ、何かしらの悪材料で大暴落はあったとは思います。

2017年の上昇ピッチが異常だったので、どこかで調整局面は出ないとおかしい状況でした。

大きな調整局面をタイミング悪く作ったのがコインチェック事件でした。

スポンサーリンク

規制ラッシュ

 

仮想通貨を取り巻く環境を悪化させているのは規制ラッシュです。

健全化のための規制は決して悪いことではありませんけどね。

日本は世界的に見ても、仮想通貨に関しては良い意味でも悪い意味でも大らかでした。

国・金融庁の仮想通貨法整備 後手後手の対応 まとめ

当研究所の所長の小手川征也です。 コインチェック事件は、仮想通貨業界、そして取引をしている投資家に衝撃を与えた事件です。 その責任の矛先は「コインチェック」という会社に集中し、その一方でそんな会社を利 ...

続きを見る

昨年末から今年にかけて中国や韓国などの規制が話題となりましたが、コインチェック事件以降、日本のお上・金融庁も本格的に仮想通貨交換業者の監督を強化し始めました

また、インターネット広告の規制も大きな悪材料です。

仮想通貨 悪材料 Googleが広告禁止へ

当研究所の所長の小手川征也です。 ビットコイン円が、ダブルトップをつけた後、下落を続けています。 ビットコイン円日足チャートはZaif(ザイフ)のものです。 テクニカル的な理由もあるでしょうが、Goo ...

続きを見る

Facebookに続いて、Googleが広告を禁止する方針を打ち出したことは個人的にはかなりの悪材料だと感じています。

スポンサーリンク

仮想通貨交換業者の新規参入停止

 

私が最も恐れているのは「SBIバーチャル・カレンシーズ」や「マネーパートナーズ」などの外国為替FX勝ち組の新規参入の取りやめです。

サービス開始時期の延期を繰り返している点がとても不安です。

外国為替FXのトップ2の「GMOコイン」や「DMMビットコイン」が仮想通貨交換業者として大成功しているとは、今のところ言えないでしょう。

DMMビットコイン 悪評 アルトコインのスプレッドが広すぎる

当研究所の所長の小手川征也です。 ローラさんのCMでおなじみ「DMMビットコイン」のアルトコインのスプレッドについて。 このページの目次1 私がDMMビットコインで口座を作っていない理由2 DMMビッ ...

続きを見る

GMOコインに悪評が多い理由

当研究所の所長の小手川征也です。 鳴り物入りでビットコイン業界に参入してきました「GMOコイン」。 ところが、その評判の中には、あまり良くないものもあるようです。 このページの目次1 GMOコインの追 ...

続きを見る

「セキュリティ面の強化」や、「お上の規制に対しての対応」もサービス開始を遅らせている理由でしょうが、バブル崩壊かどうかを見極めているというのも正直なところではないでしょうか。

企業判断として、遅れてサービスを開始して先行組に勝てないのなら「やめる」という選択肢は当然あり得るでしょうからね。

ビットコイン円日足チャートを見ると、2017年9月、この投稿の半年前までは40万円台でした。

3カ月ほどで5倍以上の急騰劇を演じた反動が今出ていると思いますが、好転させるような材料が期待できない点が不安ですね。

これから先の不安材料としては、G20で話題に上るであろう仮想通貨の規制、そして新規参入業者が出てこなくなることです。

-仮想通貨トレード戦略
-

Copyright© スノーキーの暗号資産・FX比較研究所と海外旅行 , 2019 All Rights Reserved.