仮想通貨トレード戦略

仮想通貨 G20後に悪材料出尽くし 反転上昇なるか?

投稿日:

当研究所の所長の小手川征也です。

ビットコインなどの仮想通貨は週末には上昇する傾向があります。その理由は、平日に取引することが難しいサラリーマンや公務員などの投資家が参戦してくることが一因でしょう。

が・・・今週末は投げ売りが出たかのような下落が続いています。

ビットコインチャート

 

まずはビットコイン円の日足チャートをご覧いただきます。

チャート画像はZaif(ザイフ)のものです。

スポンサーリンク

アルトコイン価格

 

続きまして、アルトコイン価格をご覧いただきます。

イーサリアム、ネムやリップルなども全面安ですね。

アルトコイン価格の画像はコインチェックのものです。

スポンサーリンク

今回の暴落の理由は

 

今週末の暴落の理由の一つは、Googleの広告禁止の発表が材料の一つだと思います。

仮想通貨 悪材料 Googleが広告禁止へ

当研究所の所長の小手川征也です。 ビットコイン円が、ダブルトップをつけた後、下落を続けています。 ビットコイン円日足チャートはZaif(ザイフ)のものです。 テクニカル的な理由もあるでしょうが、Goo ...

続きを見る

また、こちらの記事でまとめましたが、2018年に入ってから、仮想通貨が上昇するような材料がほとんど出ていていません

仮想通貨 バブル崩壊 悪材料 2018

当研究所の所長の小手川征也です。 今回は、2018年に仮想通貨バブルを崩壊させてしまう材料・すでに出ている悪材料について。 このページの目次1 コインチェックのネム流出事件2 規制ラッシュ3 仮想通貨 ...

続きを見る

取引量が大きく低下している点を見ると、仮想通貨バブル崩壊の可能性が高くなってきています。

ビットコイン価格下落の理由 取引が4分の1に低下 外国為替FXに回帰か

当研究所の所長の小手川征也です。 ビットコインはさえない値動きが続いています。 その要因の一つには、取引高低下もありそうです。 このページの目次1 取引額はピークの4分の1に2 取引高減少の理由は?3 ...

続きを見る

スポンサーリンク

G20に対する警戒感

 

直近の材料としては、この投稿のタイトルにもしましたが、2018年3月19日(月)・20日(火)に予定されています「G20」への警戒感・投資家の不安は大きいと思います。

なので、手仕舞い売り、もしくはそれに便乗した空売りも多く入っているのかも知れません。

YouTubeの動画でお話しましたが、今回のG20では仮想通貨の国際規制の材料が出ると見られています。

ただ、もしも今回の仮想通貨市場の全面安の理由がG20に対する警戒感なら、そこ(G20)で仮想通貨の規制に対する声明などが出なかった場合や、出たとしても、それほど悪いものではなかった場合買戻し優勢になる可能性もありますね。

これは投資の世界では「悪材料出尽くし」「灰汁抜け」などと呼ばれるのですが、これから先に悪い材料が出そうだという理由で売られていたら実際にそれらが出尽くしたところが底になることもあります

今回のお話は投資の世界でよく見られる現象ということで、今回がどうなるか?はわかりませんので、ご注意ください。

-仮想通貨トレード戦略
-

Copyright© スノーキーの暗号資産・FX比較研究所と海外旅行 , 2019 All Rights Reserved.