仮想通貨トレード戦略

ビットコイン・アルトコイン トレード戦略 2018年1月10日

投稿日:

当研究所の所長の小手川征也です。

コインチェック 仮想通貨 買い方などでcoincheck(コインチェック)に20万円を入金して「ネム(XEM/JPY)」を購入したことをお伝えしました。
以下の記事から二日しか経っていないのですが、考えが変わってしまいました。

仮想通貨トレード戦略 2018年1月8日

当研究所の所長の小手川征也です。 昨日、待ちに待っていましたコインチェックから本人確認のハガキが届き、口座開設が完了しました。 ハガキが2枚届いているのは、法人口座なので会社の確認と担当者確認です。 ...

続きを見る

2018年1月のビットコイン・アルトコイン取引戦略

 

FXブログの方で記事にしたのですが、現時点での私の仮想通貨取引戦略はビットコインに関しては戻り売りアルトコインに関しては買いスタンスです。

ただ、ビットコインは円建てで200万円を抜けてくると、売りで入るのは怖いなと思っています。

戦略としては190万円を割ったところで順張りで売り(ショート)をして、180万円まで落ちたところで買戻し、というのが一つの考え。
ただ、20万円ぐらいの資金で始めようと思っているので、手数料他取引コストを考えると、そのやり方だと1トレードで1万円も稼ぐのは難しいかなと思いました。

あと、チャートを頻繁に見ていないといけなくなりますよね。
チャートをずっと見ているなら、外国為替FXでもいいじゃないかってことになってくるので。
仮想通貨取引でもスキャルピングトレードではなく、リピート系FXのような、まったりしたトレードがしたいんですよね。

ということで、まだ上昇余地のありそうなアルトコインを現物で買って吹くのを待つことにしました。

上が「リップル(XRP/JPY)」で下が「ネム(XEM/JPY)」の日足チャートなんですが、比較的チャートのキレイな後者を選びました。

ビットコイン日足チャート画像はcoincheck(コインチェック)のトレードビューのものです。

この二つの通貨に絞った理由

 

FXの方のブログでも書いたんですけど、DMM Bitcoin 評判を書くときに調べていて、「ネム(XEM/JPY)」「リップル(XRP/JPY)」が「DMM Bitcoin」の取り扱い通貨にあったからです。

早い話が、coincheck(コインチェック)で「DMM Bitcoin」のサービス開始前に先回りして買えるアルトコインという基準でした。

DMM Bitcoin 評判

当研究所の所長の小手川征也です。 FX業界では「GMOクリック証券」とFX業界の2大勢力の片方を担う「DMM FX」。 そのDMM FXを傘下にもつDMMグループの仮想通貨サービス「DMM Bitco ...

続きを見る

逆に言うと、ただそれだけです(笑)

国内大手の取引所で上場されていないアルトコイン(草コイン)を物色するような動きも、すでにあるようですが、まだそこまでしなくてもいいんじゃないのかなと現時点では思っています。

ビットコインに関しては、まだもう一相場(どころか何回も盛り上がる場面)はありそうですし、その時はアルトコインもつられて上がることに期待しています。

もしもネムが上昇しなかったら?

 

もしも「ネム(XEM/JPY)」が上昇しなかったら?ですが、その時は仕方ないです。

口座開設に時間がかかって、チャンスを何度も逃し続けてきたので、ここで迷っていても仕方ないなと思いました。

DMM Bitcoin」のサービス開始、そしてSBI系の取引所など、まだ複数の仮想通貨取引事業者が後に控えてることですし、私のように口座開設に時間がかかっている方もいるでしょうし、新規参入者の資金流入による伸びしろは、まだまだあるかなと思っています。

仮想通貨相場をぶち壊しにするような、日本のお上による厳しい規制がない限りは。

入金した20万円で全力買いのような形になりましたが、場合によってはさらに入金して、「ビットコインキャッシュ(BCH/JPY)」あたりを買うかもしれません。

現時点で思っていることは以上です。日記のようなコンテンツも時々更新する予定です。

-仮想通貨トレード戦略
-

Copyright© スノーキーの暗号資産・FX比較研究所と海外旅行 , 2019 All Rights Reserved.