仮想通貨取引所比較

コインチェックからの乗り換え先にZaifを選んだ理由

投稿日:

当研究所の所長の小手川征也です。

私はコインチェックのネムホルダーです(*でした?もう過去形ですね)。

補償の件を発表した後、進展がないので、別資金でZaif(ザイフ)仮想通貨の取引を再スタートしました。その理由について。

Zaifを選んだ理由・その1

 

金融庁の認可を受けている仮想通貨交換業者であること。

みなし仮想通貨交換業者一覧(海外業者はみなしでもないので要注意)

当研究所の所長の小手川征也です。 コインチェック事件を受けて、金融庁が、認可を受けている仮想交換業者(15社)と、みなし仮想通貨交換業者(16社)を公開しました。 みなしの方が数が多いですね・・・。 ...

続きを見る

今はこれが一番重要ですね。

海外に本拠地のある取引所なんて、お金を預けるにはリスクが高すぎます。

スポンサーリンク

Zaifを選んだ理由・その2

 

仮想通貨の取り扱い数が多いことです。

昨日にZaif(ザイフ)に入金をした後、すぐにZaifトークンを購入しました。

以下の投稿で、Zaifで取引できる仮想通貨・トークンなどを書きました。

Zaif(ザイフ) 評判

当研究所の所長の小手川征也です。 この投稿では、金融庁の認可取得済み・国内大手の仮想通貨取引所のZaif(ザイフ)の特徴・評判をまとめていきたいと思います。剛力彩芽さんのTVCMもスタートしました。私 ...

続きを見る

コインチェックがあんなことになった今、Zaifで取引できる仮想通貨の多さは信頼度の高い業者では突出しています。

スポンサーリンク

Zaifを選んだ理由・その3

 

Zaif(ザイフ)を選んだ理由のその3は、レバレッジ取引時に「追加担保請求(口座残高以上の損失)が発生しない」と明記されていることです。*投稿時点の情報です

Zaif(ザイフ) 国内仮想通貨取引所なのに追証なしの理由

当研究所の所長の小手川征也です。 コインチェックが例の事件を起こしてしまったので、国内の仮想通貨取引所の3強の一角が崩れてしまいました。 恐らく、bitFlyer(ビットフライヤー)とZaif(ザイフ ...

続きを見る

しばらくはレバレッジ取引はしないつもりですが、先のことを考えて、この点もいいなと思って選びました。

スポンサーリンク

Zaifを選んだ理由・まとめ

 

Zaifを選んだ理由をまとめると、こちらです。

  • 金融庁の認可を受けている
  • 板のある取引所形式で取引が可能
  • モナコイン・ビットキャッシュなどアルトコインの取り扱いが豊富
  • Zaifトークンが取引できる
  • 追証の心配がない
  • 国内NO.2(私の推測)の大手の仮想通貨交換業者

コインチェックがあのような状況になった今、大手で板のある取引所形式の仮想通貨交換業者は、bitFlyer(ビットフライヤー)Zaif(ザイフ)2択です。

板とはこのようなものです。

板のある(相対取引・店頭取引ではない)仮想通貨取引の場合、取引高・注文量の多さが命です。

買い板(買い注文)・売り板(売り板)がスカスカだと、注文をぶつけることが出来ないので。

なので、大手で取引することは取引が活発という面で重要なのです。

ビットフライヤーの方が信頼度という点では、少し優位性が高い気もしますが、取引できる仮想通貨の多さでZaifを選びました。

zaif トークン 買い方

当研究所の所長の小手川征也です。 昨日急騰しましたZaif(ザイフ)トークンの買い方について。 ザイフ/日本円日足チャートはZaif(ザイフ)のものです。 このページの目次1 昨日の急騰の理由2 Za ...

続きを見る

そもそも、Zaifトークンを取引したかったというのが大きな理由ですけどね。

Zaifのアカウント登録→Zaif(ザイフ)

私がコインチェックからの乗り換え先にZaifを選んだ理由は以上です。

金融庁の認可取得の国内大手仮想通貨取引所

初心者も安心の国内大手の仮想通貨取引所

Zaif(ザイフ)

◆金融庁の認可取得済み
◆剛力彩芽さんのTVCMでおなじみ
◆信用取引で追証が発生しない仕組み
◆取引手数料が「0」もしくは「マイナス」
◆トークンを含む、取り扱い通貨が豊富
◆運営会社は資本金8億を超える国内大手
◆モナコインの信用取引が可能
◆「Zaifコイン積立」がある
◆お笑い芸人の「かまいたち」のWebCM放送中

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

◆金融庁の認可取得済み
◆成海璃子さんのCMでおなじみ
◆資本金が41億238万円と国内最大規模
◆株主が3大メガバンクを含む大企業系VC
◆不正な出金発生時の損失を補償(上限500万円)
◆最大レバレッジ15倍で取引可
◆手数料無料キャンペーン継続中
◆7種の仮想通貨を取り扱い
(ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、モナコイン、リスク)

-仮想通貨取引所比較
-,

Copyright© スノーキーの仮想通貨・FX比較研究所と海外旅行 , 2018 All Rights Reserved.