仮想通貨ニュース

コインチェックの補償は本当に神対応なのか?算出価格はトラブルになるのでは?

投稿日:2018年1月28日 更新日:

当研究所の所長の小手川征也です。

コインチェックの「NEM(ネム)」流出事件は補償を発表したことによって、一応決着したかのように見えますが・・・。

*追記 この後にYouTubeで動画を公開しました

本当に解決したといえる?

 

コインチェック NEM保有者に対する補償を発表 ホルダーとしての感想

当研究所の所長の小手川征也です。 コインチェックの「NEM(ネム)」流出事件についてはこちらの記事に追記をしていっています。 最後に追記をしましたが、コインチェックが補償を決定・発表しました。 このペ ...

続きを見る

私はコインチェックネムホルダーだから、気持ちがよくわかるんです。上の投稿で複雑な気持ちを書きました

あの投稿後、コインチェックの対応を受けて、ネムや仮想通貨は上昇しています。

この投稿時点で122.23円まで上昇しています。

88.549円換算で日本円を返してもらっても割に合わないのでは?

あの投稿をした数時間後にこんなことになるとは思っていませんでしたが、これはトラブルの火種になるのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

何がトラブルの火種?

 

日経電子版によると、今回の補償でかかる費用は約460億円とのことです。

流出時の被害総額は約580億円だったとのことです。

流出時と比較して補償額が少ないですよね?

そうなんです。コインチェック側のネムの価格の算出方法がおかしいんです。

算出方法 : NEMの取扱高が国内外含め最も多いテックビューロ株式会社の運営する仮想通貨取引所ZaifのXEM/JPY (NEM/JPY)を参考にし、出来高の加重平均を使って価格を算出いたします。算出期間は、CoincheckにおけるNEMの売買停止時から本リリース時までの加重平均の価格で、JPYにて返金いたします。
算出期間  : 売買停止時(2018/01/26 12:09 日本時間)〜本リリース配信時(2018/01/27 23:00 日本時間)

いや、待って。どうしてコインチェックの不祥事発覚後のネムの売買停止後の価格を基準に算出してるの?ということです。

さすがに買値で補償しろとは思いませんが、せめてコインチェックがNEMを流出させる前の平均価格で算出しないとおかしいのではないでしょうか?

だって、コインチェックのセキュリティの甘さがNEMを流出させた→NEMの価格下落を招いた

どうして流出発覚、下落した後の価格をもとに算出しているんですか?

スポンサーリンク

さらに気になる点は記者会見での対応

 

こちらの投稿で記者会見の様子をリアルタイムで文字に起こしていきましたが、資本・財務状況に関しては、はぐらかし続けていました

コインチェック ショック 不正引き出し?全通貨売買&出金を一時停止 まとめ

当研究所の所長の小手川征也です。 私もメインとして利用しているcoincheck(コインチェック)で深刻なトラブルが発生しているようです。 私自身もコインチェックでネムを保有しているホルダーです。 * ...

続きを見る

ところが一点、「補償に応じる」とのこと。

一見神対応に見えますし「すごい」「応援します」などのツイートもTwitterでは流れていました。

しかし、どれぐらいの資産があるか?次第ではないでしょうか

本当は1000億でも補償する能力があるのに流出時の価格の580億円相当ではなくて460億円相当の補償だったら誠実とは言えませんよね。

120億円分を独自の算出方法で削っていますよね。

財務状況を公開した上での先ほどの補償額の算出でないと、トラブルになると思いますよ。

特に毀損された投資額が大きい人ほど。

裁判に発展する可能性もあるのではないか?と見ています。

 

お金が戻ってきただけでも感謝した方がいい?

 

お金が戻ってきただけでいいじゃないか」「欲深い奴らだなあ

そう思われる方もいらっしゃるかも知れません。

投資をしていない第三者や、コインチェック利用のネム以外の仮想通貨ホルダーは。

でも、今回の事件はコインチェックが招いた(*セキュリティの甘さ)ことなので、その対応にグレーな部分があれば、私たち投資家が損失を被るのは納得できませんよね。

あらぬ疑いをかけられないためにもコインチェックは先日の記者会見で拒み続けていた財務状況を公開すべきです。

*追記 記者会見動画を見つけたので記事をさらに公開しました

コインチェックのネムホルダーへ 88円が神対応か記者会見動画をご覧ください

当研究所の所長の小手川征也です。 コインチェックの補償は、保有していたネム×「約88円」で算出されるようです。 このページの目次1 まずはこちらの記者会見動画をご覧ください2 ネムの補償の算定価格の「 ...

続きを見る

金融庁の認可取得の国内大手仮想通貨取引所

初心者も安心の国内大手の仮想通貨取引所

Zaif(ザイフ)

◆金融庁の認可取得済み
◆剛力彩芽さんのTVCMでおなじみ
◆信用取引で追証が発生しない仕組み
◆取引手数料が「0」もしくは「マイナス」
◆トークンを含む、取り扱い通貨が豊富
◆運営会社は資本金8億を超える国内大手
◆モナコインの信用取引が可能
◆「Zaifコイン積立」がある
◆お笑い芸人の「かまいたち」のWebCM放送中

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

◆金融庁の認可取得済み
◆成海璃子さんのCMでおなじみ
◆資本金が41億238万円と国内最大規模
◆株主が3大メガバンクを含む大企業系VC
◆不正な出金発生時の損失を補償(上限500万円)
◆最大レバレッジ15倍で取引可
◆手数料無料キャンペーン継続中
◆7種の仮想通貨を取り扱い
(ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、モナコイン、リスク)

-仮想通貨ニュース
-, ,

Copyright© スノーキーの仮想通貨・FX比較研究所と海外旅行 , 2018 All Rights Reserved.