仮想通貨ニュース

コインチェック事件 北朝鮮関与説が浮上

投稿日:

当研究所の所長の小手川征也です。

コインチェックからの仮想通貨「ネム」の流出事件ですが、多くのメディアが北朝鮮の関与の可能性を伝えだしました。

北朝鮮の関与を流しているニュース一覧

 

タブロイド紙のような媒体じゃなくて、大手メディアも伝えています

2018/2/6 日経新聞(会員登録しないと全文は見れない)
コインチェック巨額流出 北朝鮮が関与か 韓国報道
日経電子版への外部リンク
2018/2/6 東洋経済オンライン(ロイター経由のよう)
コインチェック流出、北朝鮮が関与した?
東洋経済オンラインへの外部リンク
2018/2/6 朝日新聞デジタル(会員登録しないと全文は見れない)
コインチェック、北朝鮮の攻撃か 韓国「裏付けないが」
朝日新聞デジタルへの外部リンク
2018/2/6 ブルームバーグ
北朝鮮がコインチェック仮想通貨流出を画策か、韓国が調査開始-議員
ブルームバーグへの外部リンク

スポンサーリンク

信憑性は?

 

ニュースの信ぴょう性ですが、韓国筋からの情報とのことなので、どうなんでしょうね。

裏付けはない」と書かれているので、「こういった説もある」ぐらいの伝え方のように見えます。

 

どうしてマスコミが伝えるの?

 

現時点では「可能性もある」程度のことを各メディアが伝える理由は、話題のニュースだから閲覧数が増えるからでしょうね。

新聞の場合は売り上げにつながるでしょうし、Webサイトでもアクセス数に関わることなので、取り上げたいでしょう。

なんせ、コインチェックのネムホルダーだけで26万人がいるので。

他の取引所を利用している仮想通貨の投資家を含めると、数百万人が興味を持っているニュースでしょう。

解散のうわさが出た前後のSMAP報道を思い出しますね。

あの時もあることないことを各メディアが伝えましたが、結局は売り上げを伸ばしたいからだけですよね。

ですが、もしも今回の犯行に北朝鮮が関与していて、はっきりとした証拠が出てきた時は、かなりの大事になるのではないでしょうか。

日本のコインチェックユーザーだけでなく、世界中の仮想通貨の投資家を敵に回すわけですからね。

金融庁の認可取得の国内大手仮想通貨取引所

初心者も安心の国内大手の仮想通貨取引所

Zaif(ザイフ)

◆金融庁の認可取得済み
◆剛力彩芽さんのTVCMでおなじみ
◆信用取引で追証が発生しない仕組み
◆取引手数料が「0」もしくは「マイナス」
◆トークンを含む、取り扱い通貨が豊富
◆運営会社は資本金8億を超える国内大手
◆モナコインの信用取引が可能
◆「Zaifコイン積立」がある
◆お笑い芸人の「かまいたち」のWebCM放送中

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

◆金融庁の認可取得済み
◆成海璃子さんのCMでおなじみ
◆資本金が41億238万円と国内最大規模
◆株主が3大メガバンクを含む大企業系VC
◆不正な出金発生時の損失を補償(上限500万円)
◆最大レバレッジ15倍で取引可
◆手数料無料キャンペーン継続中
◆7種の仮想通貨を取り扱い
(ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、モナコイン、リスク)

-仮想通貨ニュース
-, ,

Copyright© スノーキーの仮想通貨・外国為替FX比較研究所 , 2018 All Rights Reserved.