仮想通貨ニュース

ツイッターが仮想通貨の広告禁止へ ただし日本の金融庁認可業者は除外

投稿日:

当研究所の所長の小手川征也です。

Twitter(ツイッター)が仮想通貨の広告の禁止の方針を発表しました。

今回のニュースのソース

 

今回のニュースのソースは日経新聞電子版です。

ツイッターも仮想通貨の広告禁止
日経新聞への外部リンク

スポンサーリンク

市場の反応は薄い?

 

市場の反応を知るために、ビットコイン円チャートを見てみましょう。

チャート画像はZaif(ザイフ)のものです。

今回のニュースが、仮想通貨に与えた影響は限定的なようです。

Twitterの仮想通貨の広告の規制に関しては、以前から情報が出ていましたからね。

スポンサーリンク

Googleなどの対応と違う点

 

Googleが仮想通貨の広告禁止を発表した際は、全ての仮想通貨の広告を禁止という内容だったと記憶しています。

仮想通貨 悪材料 Googleが広告禁止へ

当研究所の所長の小手川征也です。 ビットコイン円が、ダブルトップをつけた後、下落を続けています。 ビットコイン円日足チャートはZaif(ザイフ)のものです。 テクニカル的な理由もあるでしょうが、Goo ...

続きを見る

今回のTwitterが発表した内容では、日本に関しては金融庁に登録している業者は対象外のことです。

言いかえると、Zaif(ザイフ)bitFlyer(ビットフライヤー)などの金融庁の認可を取っている仮想通貨交換業者は引き続き、Twitterで広告を出すことが出来ます。

みなし仮想通貨交換業者一覧(海外業者はみなしでもないので要注意)

当研究所の所長の小手川征也です。 コインチェック事件を受けて、金融庁が、認可を受けている仮想交換業者(15社)と、みなし仮想通貨交換業者(16社)を公開しました。 みなしの方が数が多いですね・・・。 ...

続きを見る

みなし業者」「みなし事業者」は広告を出せない可能性の方が高そうですけどね。

仮想通貨の広告は全て禁止」というのは乱暴であり、Twitterの対応の方が妥当だと思います。

GoogleやFacebookも同様の措置(その国の当局の認可を受けている業者は広告を出せる)をすべきだと思いますが、方針の変更の可能性はあるのでしょうか。

金融庁の認可取得の国内大手仮想通貨取引所

初心者も安心の国内大手の仮想通貨取引所

Zaif(ザイフ)

◆金融庁の認可取得済み
◆剛力彩芽さんのTVCMでおなじみ
◆信用取引で追証が発生しない仕組み
◆取引手数料が「0」もしくは「マイナス」
◆トークンを含む、取り扱い通貨が豊富
◆運営会社は資本金8億を超える国内大手
◆モナコインの信用取引が可能
◆「Zaifコイン積立」がある
◆お笑い芸人の「かまいたち」のWebCM放送中

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

◆金融庁の認可取得済み
◆成海璃子さんのCMでおなじみ
◆資本金が41億238万円と国内最大規模
◆株主が3大メガバンクを含む大企業系VC
◆不正な出金発生時の損失を補償(上限500万円)
◆最大レバレッジ15倍で取引可
◆手数料無料キャンペーン継続中
◆7種の仮想通貨を取り扱い
(ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、モナコイン、リスク)

-仮想通貨ニュース
-,

Copyright© スノーキーの仮想通貨・外国為替FX比較研究所 , 2018 All Rights Reserved.