仮想通貨ニュース

モナコインハッキング被害とブロックチェーン技術の将来への不安

投稿日:

当研究所の所長の小手川征也です。

仮想通貨界隈のニュースで「ハッキング被害」はマウントゴックス事件コインチェックのネム流出事件など、「またか」と感覚がマヒしてくるほどよく聞くキーワードです。

今度はモナコインでハッキング被害があったようです。

モナコインチャート

 

モナコイン円の日足チャートを確認してみましょう。

チャート画像はZaif(ザイフ)のものです。

直近すでに下げ過ぎていたこともあり、今回のハッキング事件で、大きく価格が下落したということもないようです。

スポンサーリンク

今回の被害がいつもと違う点

 

今までの仮想通貨関連の「ハッキング被害」事件といえば、取引所がサイバー攻撃を受けて、顧客の仮想通貨が流出する、というものでした。

が、今回は仮想通貨の根本を揺るがすようなブロックチェーン技術の改ざん」です。

CNET Japanさんの以下の記事の方がわかりやすいので、リンク先をご覧ください。

“改ざんされない”ブロックチェーン技術に陰りか--「モナコイン」でハッキング被害
CNET Japanへの外部リンク

多くの仮想通貨で「PoW」と呼ばれる同様の技術が使われているとのことなので、他の仮想通貨でも今回のようなハッキング被害は起こりうる可能性があるということでしょうか。

仮想通貨・暗号通貨、ブロックチェーン技術はこれから先に発展していくものとはいえ、少し心配になるニュースでした。

金融庁の認可取得の国内大手仮想通貨取引所

初心者も安心の国内大手の仮想通貨取引所

Zaif(ザイフ)

◆金融庁の認可取得済み
◆剛力彩芽さんのTVCMでおなじみ
◆信用取引で追証が発生しない仕組み
◆取引手数料が「0」もしくは「マイナス」
◆トークンを含む、取り扱い通貨が豊富
◆運営会社は資本金8億を超える国内大手
◆モナコインの信用取引が可能
◆「Zaifコイン積立」がある
◆お笑い芸人の「かまいたち」のWebCM放送中

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

◆金融庁の認可取得済み
◆成海璃子さんのCMでおなじみ
◆資本金が41億238万円と国内最大規模
◆株主が3大メガバンクを含む大企業系VC
◆不正な出金発生時の損失を補償(上限500万円)
◆最大レバレッジ15倍で取引可
◆手数料無料キャンペーン継続中
◆7種の仮想通貨を取り扱い
(ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、モナコイン、リスク)

-仮想通貨ニュース
-

Copyright© スノーキーの仮想通貨・外国為替FX比較研究所 , 2018 All Rights Reserved.