仮想通貨ニュース

マイニング摘発 どこからが違法?「Coinhive」の埋め込みか

投稿日:

当研究所の所長の小手川征也です。

違法マイニングで全国で16人が摘発されたとのこと。

今回の投稿のソース

 

今回の投稿のソースは「産経ニュース」です。

違法マイニングで16人摘発 10県警、仮想通貨獲得で不正アクセス
産経ニュースへの外部リンク

不正指令電磁的記録作成」という容疑で、年齢層は18~48歳と幅広く、全てが男性で3人が逮捕、他の方は書類送検されたとのことです。

スポンサーリンク

マイニング行為が違法???

 

記事のタイトルを見ると「マイニングをしたから摘発」のように誤解してしまいそうですが、そうではなく、摘発された方々が運営しているサイトにアクセスした人(のPCが自動で)がマイニングするツールを埋め込んでいたようです。

 

摘発された方の声

 

摘発された方の声も一部メディアで伝えられています。

「何が違法なのか」=摘発デザイナーが反論会見-不正マイニング
時事通信への外部リンク

得た収入は計約900円分の仮想通貨「MONERO(モネロ)」とのことです。

900円分って・・・。

スポンサーリンク

管理人の個人的な感想

 

ITmedia NEWSは以下のように伝えています。

「マイニングツールを明示せずに設置、犯罪になる可能性」 警察庁の注意喚起、ネット上で波紋
ITmedia NEWSへの外部リンク

ITmedia NEWSの伝えるところによりますと、「ユーザーのCPUを勝手に使うマルウェアではないか」という指摘もあるとのこと。

言われてみれば確かにそんな気もしますね。

マイニングツールの「Coinhive」を警察はウイルスと判断したようです。

時代の流れ、特にネット社会の進化(仮想通貨も含む)などのスピードに法が追いついていない面もありますし、「何が犯罪なのか?そうでないのか?」の線引きは難しいですね。

少なくとも、それを判断するのはネット上の匿名の個人の集団ではなく、司法の判断だとは思いますが。

金融庁の認可取得の国内大手仮想通貨取引所

初心者も安心の国内大手の仮想通貨取引所

Zaif(ザイフ)

◆金融庁の認可取得済み
◆剛力彩芽さんのTVCMでおなじみ
◆信用取引で追証が発生しない仕組み
◆取引手数料が「0」もしくは「マイナス」
◆トークンを含む、取り扱い通貨が豊富
◆運営会社は資本金8億を超える国内大手
◆モナコインの信用取引が可能
◆「Zaifコイン積立」がある
◆お笑い芸人の「かまいたち」のWebCM放送中

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

◆金融庁の認可取得済み
◆成海璃子さんのCMでおなじみ
◆資本金が41億238万円と国内最大規模
◆株主が3大メガバンクを含む大企業系VC
◆不正な出金発生時の損失を補償(上限500万円)
◆最大レバレッジ15倍で取引可
◆手数料無料キャンペーン継続中
◆7種の仮想通貨を取り扱い
(ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、モナコイン、リスク)

-仮想通貨ニュース
-

Copyright© スノーキーの仮想通貨・FX比較研究所と海外旅行 , 2018 All Rights Reserved.