ザイフ評判

Zaif(ザイフ) 先物取引終了へ

投稿日:

当研究所の所長の小手川征也です。

金融庁の認可を受けている国内大手の仮想通貨交換業者Zaif(ザイフ)先物取引の取り扱い終了を発表しました。

先物取引終了いつ?

 

先物取引終了の時期については、Zaifの公式ホームページのinformationに掲載されていました。

お取り扱い終了日
2018年3月31日(土)23:59

上記の日程をもって「四半期1-3」の先物取引を終了し、「四半期4-6以降の限月につきましてはお取り扱いいたしません」と記載されていました。

スポンサーリンク

先物取引終了の理由は?

 

終了の理由については、公式ホームページに書かれていませんでしたが、取引量が少なかったからでしょうね。

チャートや板、取引履歴などを見ても、あまり取引が成立していないことがわかります。

画像はZaif(ザイフ)のものです。

スポンサーリンク

信用取引やAirFXは?

 

Zaifの先物取引の存在をご存知なかった方は誤解してしまうかもしれませんが、「信用取引」と「AirFX」と、今回終了する先物取引は別物です。

なので、最大レバレッジ7.77倍の「信用取引」と最大レバレッジ25倍の「AirFX」は引き続き、サービスは提供されます。

これらのサービスについてはZaifの公式ホームページに、「追加担保請求(預けているお金以上の損失)が発生しない」と明記されています。*投稿時点の情報です

Zaif(ザイフ) 国内仮想通貨取引所なのに追証なしの理由

当研究所の所長の小手川征也です。 コインチェックが例の事件を起こしてしまったので、国内の仮想通貨取引所の3強の一角が崩れてしまいました。 恐らく、bitFlyer(ビットフライヤー)とZaif(ザイフ ...

続きを見る

bitFlyer(ビットフライヤー)や「GMOコイン」「DMM Bitcoin」には、これらの制度はありません。

レバレッジをかけたビットコイン取引に関しては、Zaif(ザイフ)には他にはない優位性がある、と言えますね。

-ザイフ評判
-

Copyright© スノーキーの暗号資産・FX比較研究所と海外旅行 , 2019 All Rights Reserved.