ザイフ評判

Zaif 不正流出 被害者に補償を発表

投稿日:

当研究所の所長の小手川征也です。

私の仮想通貨取引の新メイン口座のZaif(ザイフ)不正出金事件の被害者について補償を発表しました。

Zaifの不正出金とは?

 

Zaif(ザイフ)の不正出金事件は、当研究所のこちらの投稿で取り上げました。

Zaif(ザイフ) 不正出金事件と補償制度のある仮想通貨取引所

当研究所の所長の小手川征也です。 仮想通貨取引所の不正出金に関するニュースがありました。 Zaif(ザイフ)で、2018年1月6日から1月7日にかけて、10名の方の口座から不正出金の被害があったそうで ...

続きを見る

コインチェック事件と比べても被害者数が少なく、被害額が小さかった事件ではありました。

ただ、ZaifにはbitFlyer(ビットフライヤー)のような補償制度がないので、どうなるのか?と注目されていました。

*ビットフライヤーには上限金額500万円の補償制度があります

スポンサーリンク

Zaifの補償内容とは?

 

こちらが今回の投稿のソースです。

運営元のテックビューロ、「同額の仮想通貨を返却」
日経ビジネスオンラインへの外部リンク

同額の仮想通貨取引を返却という点が、コインチェックの対応とは違いますね。

規模が全然違うので、コインチェックに同じ補償を求めるのは酷かも知れませんが。

ただ、やっぱりコインチェックのネム補償は神対応ではないですよね。

コインチェックのネムホルダーへ 88円が神対応か記者会見動画をご覧ください

当研究所の所長の小手川征也です。 コインチェックの補償は、保有していたネム×「約88円」で算出されるようです。 このページの目次1 まずはこちらの記者会見動画をご覧ください2 ネムの補償の算定価格の「 ...

続きを見る

スポンサーリンク

今回のZaifの対応が仮想通貨市場に与える影響は?

 

今回のZaifの対応が仮想通貨市場に与える影響は、間違いなくポジティブでしょう。

仮想通貨交換業者の一本化もされるようですし、市場に漂っていた悲壮感は消えつつありますね。

個人的には、ザフトがどうなるか?が今最も気になることでしたが、今回の対応を好感してなのかはわかりませんが、上昇していました。

仮想通貨 ザフトとは?

当研究所の所長の小手川征也です。 今回は仮想通貨取引をしていると時々出てくる用語の「ザフト」について。 このページの目次1 ザフトとは?2 ザフトの使い道は?3 ザフト価格を動かす要因 ザフトとは? ...

続きを見る

コインチェックが失った仮想通貨交換業者の信頼をZaifやビットフライヤーが取り戻していくのでしょうか。

金融庁の認可取得の国内大手仮想通貨取引所

初心者も安心の国内大手の仮想通貨取引所

Zaif(ザイフ)

◆金融庁の認可取得済み
◆剛力彩芽さんのTVCMでおなじみ
◆信用取引で追証が発生しない仕組み
◆取引手数料が「0」もしくは「マイナス」
◆トークンを含む、取り扱い通貨が豊富
◆運営会社は資本金8億を超える国内大手
◆モナコインの信用取引が可能
◆「Zaifコイン積立」がある
◆お笑い芸人の「かまいたち」のWebCM放送中

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

◆金融庁の認可取得済み
◆成海璃子さんのCMでおなじみ
◆資本金が41億238万円と国内最大規模
◆株主が3大メガバンクを含む大企業系VC
◆不正な出金発生時の損失を補償(上限500万円)
◆最大レバレッジ15倍で取引可
◆手数料無料キャンペーン継続中
◆7種の仮想通貨を取り扱い
(ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、モナコイン、リスク)

-ザイフ評判
-,

Copyright© スノーキーの仮想通貨・外国為替FX比較研究所 , 2018 All Rights Reserved.